コカイン使用で逮捕されたピエール瀧を巡る自粛の嵐とワイドショー報道の是非

【この記事のキーワード】

作品は自粛、ワイドショーは加熱

 自粛に関する懸念の声が上がるだけでなく、特に今回の瀧容疑者の逮捕を受けては、薬物の使用疑惑で逮捕された際の報道ガイドラインにも注目が集まっている。

 薬物依存症や著名人の薬物使用の逮捕に関する報道には、有志団体が策定した「ガイドライン」が存在している。2017年に評論家の荻上チキ氏や国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏ら専門家により作られたものだ。その中には“避けるべきこと”として「薬物依存症であることが発覚したからと言って、その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行わないこと」という項目がある。

 今回の業界の出演作品自粛の判断や出演番組の休止判断等はこれに該当するだろう。また“望ましいこと”としては「薬物依存症の当事者、治療中の患者、支援者およびその家族や子供などが、報道から強い影響を受けることを意識すること」とある。瀧容疑者の逮捕を受けてワイドショーは連日、その逮捕までの詳細や、逮捕後の業界への影響を報じているが、こうした行為は、“望ましいこと”ではなく反対に、瀧容疑者の家族のみならず他の薬物依存症の当事者や支援者、家族らが強い影響を受けることであろう。

 瀧容疑者は容疑を認めているが、こうした素早い関係団体による自粛行為や、ワイドショーでの加熱した報道は、容疑者本人の更生や社会復帰の大きな足かせになるばかりか、家族らの生活も大きく脅かす。そして逮捕を受けて即、業界内は出演作品の販売や視聴を自粛する。いまの社会は、一度過ちを犯した人間が“やり直し”できる社会からは程遠い。

(鼻咲ゆうみ)

1 2 3

「コカイン使用で逮捕されたピエール瀧を巡る自粛の嵐とワイドショー報道の是非」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。