エンタメ

西野カナ「マネージャーとの結婚」はタブーか? 活動休止から一カ月

【この記事のキーワード】
西野カナ「マネージャーとの結婚」はタブーか 活動休止から一カ月の画像1

「Love Collection 2 〜pink〜」

 歌手活動を休止中の西野カナが、かねてより交際を伝えられていた男性マネージャーと30歳の誕生日に結婚することが報じられている。

 西野カナは今年1月8日に、無期限活動休止を発表。2月の横浜アリーナ公演をもって休養に入っている。そのとき、公式サイトでは「もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。 旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」とコメントしていた。

 西野カナは2016年11月に、写真週刊誌「FLASH」(光文社)で、担当マネージャーと半同棲状態であると写真つきで報じられていた。このとき、「マネージャーとタレントの交際はアリなのか?」「掟破りでは」と議論を呼んだことも記憶に新しい。

 マネージャーとの恋愛や結婚はタブーなのか。昨年6月放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演した元アイドルの金剛寺美樹は、アイドル女優として人気を博していた25歳の頃、10歳年上の担当マネージャーと恋愛関係になり妊娠、“できちゃった結婚”により引退したと明かした。一昨年には、女子高生アイドルだった輝星あすかが、マネジャーとの交際・妊娠と結婚を発表して話題にもなった。

 しかし芸能界でそれが禁止されているかといえば、そうでもない。アグネス・チャンや沢田亜矢子、磯野貴理子もマネージャーと結婚している(後2人は離婚)。また、故・大杉蓮さんや、遠藤憲一など、夫のマネジメントを妻が担っている夫婦もいる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。