エンタメ

嵐・松本潤が後継者に指名したのはキンプリではない!? 張り切る若手育成、ジャニーズ世代交代へ

【この記事のキーワード】

Hey! Say! JUMP山田涼介は「松本潤くんになっていたい!」

 もともと、松本潤は後輩の面倒を熱心に見ていることは有名な話だ。近年はHey! Say! JUMPやSexy Zoneのコンサートに足を運び、メモを取りながら熱心に鑑賞。ライブ後は、1時間ほどかけて良かった点や改善点などのアドバイスを行っているという。

 ちなみに、山田涼介は憧れの先輩として松本潤の名を挙げており、かつてインタビューで「東京オリンピックまでに自分はどうなっていたいか?」と聞かれた時には、「松本潤くんになっていたい!」と答えていたこともある。

 また、2月28日放送のラジオ『VICTORY ROADS』(bayfm)では、佐藤勝利も松本とのエピソードを次のように明かしていた。「(松本から食事に誘われて)チャンスだなと思って、『今からでもいいですか?』と言わせてもらって、潤くんと初めてご飯を食べました」「潤くんは、夜まで撮影してて、次の日も早朝から撮影だったのに、2時間くらい付き合ってくれて。Sexy Zoneのバランスとか、僕のこととかを、こうした方がいいよとか話してくれて」

 後輩想いで熱血な松本潤の素顔が伝わってくるようだ。

 山田涼介も佐藤勝利も、ジャニーズの中では若手グループに属しているが、デビューからの月日は意外と長い。Hey! Say! JUMPは11年半、Sexy Zoneは約7年半。メンバーがドラマや映画に単独出演する機会も増えており、経験や知名度を着実に上げてきている。

 一方で、各週刊誌では、嵐の活動休止後にその後継者となるのは、昨年5月にデビューしたばかりのKing & Prince(以下、キンプリ)だと伝えられてきた。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。