エンタメ

NGT48山口真帆が記者会見に激怒! AKSの暗部が浮き彫りに

【この記事のキーワード】
NGT48山口真帆が記者会見に激怒! AKSの暗部が浮き彫りにの画像1

山口真帆公式Twitterより

 3月22日、NGT48暴行事件に関する第三者委員会の報告書が出たことを受けて、AKSの運営責任者である松村匠取締役、NGT48早川麻依子劇場支配人、岡田剛同副支配人の3人が会見を開いた。

 会見には、事件が起きた当時のことを最もよく知っているはずの今村悦朗前NGT48劇場支配人も、AKSの吉成夏子代表取締役社長も、AKB48グループ全体を見る秋元康総合プロデューサーも出席せず、また、第三者委員会を構成する岩崎晃氏、木内雅也氏、高山梢氏も出席しなかった。

 こういった出席者を見ただけでAKSおよびNGT48運営側の真摯さに欠けた姿勢が透けて見える会見であるわけだが、そのなかで衝撃的な出来事が起こった。

 この会見はニコニコ生放送などを通じて生中継していたのだが、事件発生後から現在にいたるまでのNGT48運営およびAKSと山口真帆とのコミュニケーションについてや、山口真帆の今後の活動などについて話が及んだ直後、中継を見ていたと思われる山口真帆からリアルタイムでこのようなツイートがなされたのだ。

<只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。
その為の第三者委員会だと、
私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません>
<私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。
私が謝罪を拒んだら、
「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。
他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました>
<記者会見に出席している3人は、
事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、
私や警察に事実関係を確認もせずに、
私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。
なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょう>

 会見では、質疑応答のなかで記者からこれらのツイートに関する質問が飛んだが、それに対して松村氏は「コミュニケーションがとれていなかった」とひたすら繰り返すのみだった。

 山口真帆のツイートの真偽については断定できないが、事件が公になってから2カ月以上が経ち、第三者委員会による調査まであったのにも関わらず、結局のところ、事件について被害者との間で“コミュニケーション”をとり、話し合いを成立させることがまったく出来ていないということが改めて浮き彫りになった。

 会見のなかではこれからもNGT48の活動は続けていくと語られたが、こんな状態でメンバーの安全管理の問題が是正されるのか非常に疑問が残る。

 第三者委員会の報告書と今回の会見で幕引きはとても認められるものではない。今後も徹底した追及がなされてしかるべきだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。