エンタメ

佳子さまは姉の婚約者・小室圭さんをどう思っているのか

【この記事のキーワード】
佳子さまは姉の婚約者・小室圭さんをどう思っているのかの画像1

「眞子さま佳子さま プリンセスの新たな旅立ち」扶桑社

 秋篠宮家の次女、佳子さまが3月22日、国際基督教大学(ICU)教養学部を卒業された。大学卒業にあたり、宮内記者会の質問に回答した文書で、佳子さまは姉の眞子さまと小室圭さんとの結婚についての質問に、「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています」「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と記している。

 「いつもありがとうと思っています」と眞子さまへの感謝を綴り、「いつでも私の味方でいてくれました」と振り返った佳子さま。姉との“不仲説”を一蹴した形だ。佳子さまと眞子さまは、眞子さまと小室圭さんとの結婚延期に関する報道の中で、関係が悪化していると報じられていた。

 <佳子さま、小室圭さんとの婚約延期で眞子さまとギクシャク>と伝えていたのは、「女性セブン」2018年11月29日・12月6日号(小学館)だ。それによれば、佳子さまは“姉の暴走”のせいで母・紀子さまが「より一層、娘の生活や行動を細かく締めつけるようになった」ために、ため息をつかれてばかりいるとのことだった。

 その記事では宮内庁関係者が「家庭でも学校でも世間でも居心地が悪く、佳子さまも滅入っているようです。これから待ち受けているであろう、自分自身の恋にも影響があるのは必至です。一連の騒動に“もううんざり”というのが正直なところで、眞子さまの本心も測りかねるし、結婚の話をする気にもなれず、口も利きたくない、というお気持ちのようです」と佳子さまのお気持ちを代弁。

 しかし不仲説はデマだったようである。

 そもそも佳子さまは、姉の婚約者である小室圭さんのことをどう捉えているのか。父である秋篠宮さまは昨年11月、会見で以下のように述べられた。

<やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません>
<これは娘と小室さんのことではありますけれども、私は、今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います。まだ婚約前ですので、人の家のことについて私が何か言うのははばかられますけれども、やはりその今お話ししたような、それ相応の対応というのは大事ですし>
<やはりきちんと、どういうことなんだということを説明をして、そして多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況を作る。それが『相応の対応』の意味です>
<二人にも私は伝えましたが、やはり今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということ(が必要)になるかもしれません>

 少なくとも秋篠宮さまは、小室家をめぐり過熱する週刊誌報道をご存知であり、世論が明らかな“コムロバッシング”に傾いていることを理解していらっしゃるようだ。

 一方、佳子さまはそうしたメディアの過熱報道とそれを受け止める世間一般の声を冷静に見ている。冒頭に引いたご卒業にあたっての公開文書において、佳子さまは次のように語られている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。