エンタメ

NGT48山口真帆「犯人グループと交際していたメンバーいる」「謝罪要求され、虚偽の説明された」告発が示す異常な腐敗

【この記事のキーワード】
NGT48山口真帆「犯人グループと交際していたメンバーいる」「謝罪要求され、虚偽の説明された」会見中の告発が示す、48グループの異常な腐敗の画像1

NGT48「青春時計」(タイプB)

 NGT48暴行事件に関する第三者委員会の報告書を3月21日に発表したAKSは、翌22日に運営責任者である松村匠取締役、NGT48早川麻依子劇場支配人、岡田剛同副支配人の3人による会見を開いた。

 この報告書では、メンバーの事件関与はなかったものの、42名中じつに12名が一部のファンと「つながり」を持っていたことが明らかにされた。だが運営体制の不備による責任が大きいとして、ファンと不適切な交流を持ったメンバーへの処分は不問にすると発表している。

 しかし報告書の内容に、暴行事件の被害者であり、1月にTwitterなどで事件の告発をした山口真帆が、異議を呈した。ニコニコ生放送などを通じて生中継されたこの会見中に、山口真帆は運営側の欺瞞を指摘するツイートを連投したのである。

<只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。
その為の第三者委員会だと、
私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません。 >

<私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。
私が謝罪を拒んだら、
「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。
他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました。>

<記者会見に出席している3人は、
事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、
私や警察に事実関係を確認もせずに、
私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。
なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか。>

<報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。
他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。
証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます>

 会見中のツイートであり、会見場でこれに反応した記者が松村氏らに質問を投げると、運営側は「(山口真帆との)コミュニケーションが不足していた」「(公演での謝罪強要は)一切ありません」「(犯人とメンバーの交際は)把握していない」等と釈明。第三者委員会の面々が会見に同席していないこともあり、答えを濁すばかりの対応だ。

 「公演での謝罪強要はしていない」との否定に、山口真帆はさらに動いた。松村氏から与えられたという謝罪文面のスクリーンショットを添付し、以下の投稿をしたのだ。

<なんで嘘ばかりつくんでしょうか。
本当に悲しい。
松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。
他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、
スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました。>

 山口真帆は1月10日夜の「NGT48劇場三周年記念スペシャル」公演で、「このたびはお騒がせしてしまいすいません」「AKSの方と話し合って、また新しい方向に向かっていけるように、NGTの、チームGの副キャプテンとして頑張っていこうと思います」などとコメントし、頭を下げていた。

 一体この茶番は何なのだろうか。山口の決死の告発もむなしく、AKSは何の調査もせず「山口真帆の誤解」で即座に終わらせようとしていたのだ。山口自身の言葉ではなく、でっちあげた謝罪文を読ませて、解決させようとしていた。腐りきっている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。