NGT48山口真帆「犯人グループと交際していたメンバーいる」「謝罪要求され、虚偽の説明された」告発が示す異常な腐敗

【この記事のキーワード】

 第三者委員会の報告書の内容と、山口真帆の当初の告発とで唯一矛盾がない点は、「特定のファンと私的交流を持っているメンバーが複数いる」ということだ。そして山口は「特定のファン」に襲われ、警察に通報。犯人たちは逮捕されたが、山口の訴えによれば、「特定のファンと私的交流を持つメンバーを辞めさせるかわりに示談にする」ことを当時の劇場支配人が要求、約束した。

 しかしその約束は果たされなかった。松村匠取締役とかわしたという「繋がっているメンバーを全員解雇する」との約束も反故にされた。

 山口は特定のファンとつながるメンバーたちに、NGT48として活動する資格はないと考えているだろう。また、特定のファンが「つながる」メンバーたちに総選挙で大量投票することで、「つながらない」メンバーたちの不利益にもなる。“風紀の乱れ”だけでは片付けられない問題のはずだ。

 それでも「つながっているメンバー」を12名も解雇してしまえば、NGT48のビジネスにとって大ダメージになるのだろう。もしそこにAKS以外の芸能プロダクションに所属するメンバーも含まれているとしたら、さらに処分は厄介だ。

 さて会見は大いに長引いたが終了した。“嘘ばかりつく”AKS取締役は、山口真帆とコミュニケーションをとり、彼女を支援する世論を“納得”させることが出来るのだろうか。

1 2

「NGT48山口真帆「犯人グループと交際していたメンバーいる」「謝罪要求され、虚偽の説明された」告発が示す異常な腐敗」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。