眞子さまと小室圭さんの結婚は「2020年」予定も、鎮火しない“コムロバッシング”

【この記事のキーワード】

 ただし、秋篠宮さまが昨年11月、会見で<やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません>と述べられたことは大きなインパクトだった。

 秋篠宮さまは過熱する週刊誌報道と、それに付随して広がる“コムロバッシング”を深刻に捉えているということがわかる。これに呼応する形で今年1月、小室さんは「金銭問題の解決につとめる」旨を文書にしたため公開。これに秋篠宮さまが納得されたかどうかは不明だ。

 また、小室さんは昨夏、アメリカで弁護士資格を取得すべく、NYに留学している。ご結婚のために必要とされる儀式をするために何度も往復しなければならないことになるが、大丈夫なのかという懸念も残る。

 ともあれ改元を控え行事が目白押しの今年中に結婚に至る可能性は低いのだから、秋篠宮さまのおっしゃる“多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況”をつくるためには、まずバッシングの火種となる小室さん“チャラ男写真”だの佳代さん“失踪”といった報道をマスコミは控えるべきだろう。

1 2

「眞子さまと小室圭さんの結婚は「2020年」予定も、鎮火しない“コムロバッシング”」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。