精神科を受診したら、医師がスピっていた…診察時間中、患者に延々とトンデモ思想を聞かせる

【この記事のキーワード】

これってスピ・ハラ!?

 昨今スピリチュアルと医療がごっちゃになる魔界が次々生まれている現象が目立ちますが、今回のお話もまさにそれ。特に身の回りに通院している人が多い内科や皮膚科などに比べ、どんな治療が行われているのかがわかりにくい(実際私もよく知りません)精神科という特殊性のある場所となると、話はさらにややこしそうです。

有安杏果の交際、精神科医師と患者の関係だった? 職業倫理上の問題に懸念

 元ももいろクローバーZの有安杏果が、結婚を前提に一般人の男性医師と交際していることを公表した。しかし8日発売の「FRIDAY」(講談社)は、相手が医師…

精神科を受診したら、医師がスピっていた…診察時間中、患者に延々とトンデモ思想を聞かせるの画像1
精神科を受診したら、医師がスピっていた…診察時間中、患者に延々とトンデモ思想を聞かせるの画像2 ウェジー 2019.02.08

 「医師と合わないと感じたら、さっさと退散」は基本でも、今回のH美さんのように逐一ケースワーカーに相談する必要がある立場の人ですと、気軽に動くことができません。身動きとりにくい人が、不本意にスピ沼に引っ張られそうになった恐怖と混乱が伝わってきます。パワーハラスメントならぬ、スピリチュアル・ハラスメント=スピハラの時代到来か!? 話が通じない相手の元に通わねばならないストレスも、想像しただけで気分がよどみまくり(スピ的には波動が下がるって言うんですか?)。

 「SNSでシェアされるトンデモ情報を見た」レベルをはるかに超えた、「スピ思想の押しつけ」。「それがいかに人を困らせるかを知り、ハマっている渦中の人は少し冷静になってほしい」とH美さん。スピハラ当事者にならぬよう、愛好者の皆様におきましては、くれぐれもご注意くださいませ。周りが拒否しづらい、社会的地位の高い方であればあるほど、なおさらです。

1 2 3

「精神科を受診したら、医師がスピっていた…診察時間中、患者に延々とトンデモ思想を聞かせる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。