伊野尾慧が「TWICEのハイタッチ会に参加」で批判も、ジャニーズの目撃情報は嘘だらけ?

【この記事のキーワード】

手越祐也や山田涼介は“目撃情報”を否定

 NEWSの手越祐也は、目撃情報は“全部嘘”だと断言している。

 昨年4月21日行われた『NEWS LIVE TOUR 2018 EPCOTIA』福岡公演のなかで手越は、「金沢の駅で手越を見かけ<手越くんですか?>と聞くと<そうです>と答えてくれた」という目撃情報がツイッターで拡散されたと説明。しかし、実際には手越は金沢に行っておらず、母親から「金沢にいるの?」と電話があったことで、この情報を知ったという。

 伊野尾慧と同じく平成ジャンプの山田涼介も、韓国の男性音楽グループBTSのファンミーティングにいるという目撃情報がネットで話題に。しかし、後日のJohnny’s webの連載で山田は「私その時間家でDVD見てました。笑」と目撃情報を否定し、「嘘の情報だけはやめていただきたいなぁ」と苦言を呈した。

 ネットの匿名の目撃情報はデタラメであったり、本人と似た人物である可能性も高く、安易に信用できるものではないだろう。

 また、嘘の目撃情報によって警察が出動するほどのパニックを呼ぶこともある。

玉森裕太の目撃情報拡散は警察が出動するほどの騒動に発展

 Kis-My-Ft2の玉森裕太が原宿にいるという目撃情報が拡散された際には、玉森を探す人々がパニックとなり、歩行者がドミノ倒しになる騒動に発展した。警察や消防まで出動するはめになったが、後日のJohnny’s webの連載で玉森は「一日中仕事してたのに 全く別の所で俺が現れたと耳にした」と原宿にはいなかったと説明し、騒動になったことに対して謝罪をした。

 伊野尾慧の目撃情報も信憑性が低いうえ、自分が参加した場合、会場がパニックになる可能性があることは伊野尾も理解しているだろう。「一般人に混ざって参加」という軽率な行動を起こすとは考えにくい。

 コンサートへの参戦時と同様、伊野尾本人の口から「参加した」との報告が無い限り、“噂”として受け止めておくことが賢明だろう。

1 2

「伊野尾慧が「TWICEのハイタッチ会に参加」で批判も、ジャニーズの目撃情報は嘘だらけ?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。