洋服の買い過ぎを防ぐ衣替えの方法 「ムダ遣いの元」を片づけるには

【この記事のキーワード】

「まだ着られる服」は、実は不要な服

 春物を買う前に今ある冬物をチェックし、今シーズン限りだと思う服を処分すれば、来シーズンにも気持ちよく買い物ができるはずです。とはいえ、「もうこの服はいらない」とジャッジするのはなかなか難しいこと。そもそも、人には一度手にしたものに執着してしまうメンタリズムがあります。手放したくないために言い訳をあれこれ考えてしまうのです。

 洋服の場合、それはだいたい次のパターンになることが多いようです。

 ひとつめは「まだ着られるからもったいない」。たしかに、着られるなら捨てるのはもったいない。だとすれば、どんどん着るべきなのですが、めったに出番がないとしたら、ほかに気に入らない理由があるはずです。バーゲンで半額だったのでつい手に取ったけど実は好みじゃなかったとか、思ったより丈が短い・サイズがぴったりすぎて快適じゃないとか。着ない理由がはっきりすれば、もっとすっきり処分できるでしょう。

 次に多いのが、「好きだから、思い出があるから」。これは服だけでなく、小物にもありがちです。この場合はもう、それは服ではなく「思い出の品」として扱うべき。クローゼットに常時スタンバイさせておく必要はなく、思い出の品用に小さな衣装ケースを用意してそこにしまうのもひとつの方法でしょう。しまうスペースがなければ、写真に収めてアルバムやフォトブックを作り、実物は潔く処分してしまいます。思い出が片づけば、きっとクローゼットやタンスもすっきりすることでしょう。

売るのが面倒くさい人は引き取りサービスを利用して

 たとえ処分すると決めても、ゴミにはしたくないという気持ちもありますよね。メルカリやラクマなどフリマアプリで売るのもひとつですが、その手間をかけたくない場合は、アパレルの洋服引き取り・下取りサービスを利用する方法も。洋服の青山では、レディスだけでなく、メンズスーツやワイシャツ、ネクタイ・ベルトまで幅広く下取りをしてくれます(1アイテム5点まで)。さらに、青山での買い物に使える割引クーポンももらえます。同様のサービスはAOKIやKONAKAでも行っているので、近所に店舗があったら聞いてみましょう。

 期間限定にはなりますが、ワールドが定期的に行っているのが「ワールド エコロモ キャンペーン」。デパートやショッピングセンター内のショップに持ち込むと、次の買い物で使えるOFFチケットと交換してもらえます。衣料品のほか靴・バッグ・帽子・マフラー・ストール・ネクタイなども対象で、他社製品でも引き取りOK。引き取り会場となるデパートやショッピングセンターの情報は、ワールドのホームページで確認を。

 こうして集められた洋服はリユースやリサイクルされ、その収益金が支援を必要としている子どもたちのために使われたりします(「ワールド エコロモ キャンペーン」の場合は、福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」、「平成30年7月広島県豪雨災害義援金」(2018年開催分を寄付)、ほか「あしなが育英会」「チャイルド・ケモ・サポート基金」等に寄付されている)。

1 2 3

「洋服の買い過ぎを防ぐ衣替えの方法 「ムダ遣いの元」を片づけるには」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。