ワークマンの勢いが止まらない! 職人から女性向けファッションウェアへ〜高機能ウェア専門店「WORKMAN Plus」

【この記事のキーワード】

高機能と低価格が生んだ大ヒット

 ヒットの最大の要因は、高機能でありながら低価格であること。アウターは1900円、2900円、4900円、インナーも1000円以下と、アウトドアブランドに比べて、価格は半額から3分の1、5分の1と安く、保温、伸縮性、冷感など機能のクオリティも高い。

 大半がPB(プライベートブランド)商品で、いつでも同じ値段で買えるEDLP(エブリデー・ロープライス)で提供。ユニクロと比較しても安く、圧倒的な支持を得た。なかには売れすぎて品不足になったものもあった。

 実は、ワークマンは2016年からアウトドアウェア「FieldCore(フィールドコア)」、スポーツウェア「Find-Out(ファインド-アウト)」、レインスーツ「AEGIS(イージス)」のスリーラインのPBを展開している。

 職人用ウェアの開発経験を生かして開発されたもので、保温、除湿、撥水などの機能が評価され、そこそこファッショナブルなことから、山登りや釣り、ランニング、バイクを乗る時に使えると職人以外の人たちの間でも評判になり、口コミやSNSで拡散していった。

 「透湿レインスーツストレッチ」は、大雨にも耐える耐水圧10000ミリ、生地が外に出す度合を示す透湿度が24時間あたり5000㎡/gと高機能で軽量。価格も上下で4900円と手頃で、累計販売枚数45万着を突破する大ヒット商品となっている。

 PBの売上は30億円、60億円と倍々ゲームで伸びており、今期は115億円を見込んでいる。

1 2 3

「ワークマンの勢いが止まらない! 職人から女性向けファッションウェアへ〜高機能ウェア専門店「WORKMAN Plus」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。