ワークマンの勢いが止まらない! 職人から女性向けファッションウェアへ〜高機能ウェア専門店「WORKMAN Plus」

【この記事のキーワード】

新市場で25%のシェア獲得をめざす

 こうしたことも、今回の新業態開発につながった。今シーズンは、37アイテムにのぼる女性向けの新商品を発売。一般客向けの空調ウェア、生産量ナンバーワンの冷感トップスと春夏カーゴパンツなどで、さらに機能をアップさせた商品が登場する。

 今まで職人という限られた世界で知られていたワークマンは、ワークマンプラスを出店することで一般客と遭遇し、取り込むことに成功した。限られた職人相手から比べ物にならないほど巨大なマーケットを相手にすることになったのだ。圧倒的な低価格と高機能、そしてそこそこファッショナブルという今までないコンテンツで、新たなマーケットを創り出した。

 ワークマンは、作業着・作業用品専門店では圧倒的なシェアを誇るガリバー企業で、18年3月期の売上は797億円。高機能ウェアの市場はスポーツメーカーのブランド品がほぼ独占しているが、4000億円の潜在マーケットがあるといわれている。この低価格帯市場への本格参入はワークマンが初めてで、ワークマンプラスとワークマンの既存店を合わせて25%のシェア獲得をめざしている。

 ワークマンプラスは売上が好調なため、今まで出店を避けてきた、職人が少なくホワイトカラーの多いエリアにも進出する。4月4日にオープンする「ららぽーと湘南平塚店」では、ワークマンで取り扱う1700アイテムのうち、一般客向けの316アイテムのみを抜き出して販売する。

 店の前を通る8割以上が食品スーパーに出入りする女性客であるため、食品スーパー近くに76坪の売場を確保。女性専用コーナーを充実させた女性向け商品拡大の実験検証店舗だ。女性専用売場だけで初年度1億円の販売を見込み、店全体では4億円をめざす。

 今後、1年間で路面店とSCのテナントとして、一気に58店舗を出店する計画で、既存店舗の業態変更も行い活性化を図っていく。100店舗を目標に出店を継続し売上200億円をめざすが、当分その勢いは止まりそうにない。

1 2 3

「ワークマンの勢いが止まらない! 職人から女性向けファッションウェアへ〜高機能ウェア専門店「WORKMAN Plus」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。