ライフ

「そのままでいい」人なんて本当にいる? 美談を疑う子どもたちへ/ヨシタケシンスケさんインタビュー

【この記事のキーワード】

幸せ家族や優しいお母さんの絵本で傷つく人も多分いる

――そうした表現の幅なのか、ヨシタケさんの絵本の登場人物は笑顔が少ないように思います。

ヨシタケ:この前も同じことを言われてすごく嬉しかったんですよ。あえて出さないようにしているんです。

 僕自身、子どもが2人いて、子育てするなかで笑顔ってそうそう出てこないんです。『なつみはなんにでもなれる』という絵本を描きましたが、登場するお母さんが一度も笑っていないんです。けれど、お母さんは子どもを憎んでいるようにも、不幸せそうにも見えない。

――洗濯物を畳みながら無表情で「ハイハイ」とか言ってますよね。

ヨシタケ:“幸せ”を表現するときに、笑顔でなくちゃいけないわけなんて、ないんですよ。「笑っていないけど幸せ」「怒っているけど愛情がある」など、表現できるはずだし、そのほうがリアルなはずです。

 それに、不用意な笑顔は人を傷つけることがあると思います。たとえば、「赤ちゃんもパパもママもみんなニコニコでハッピー!」という絵を幸せな人が見れば、「そうだよね、赤ちゃんって可愛いよね」なんて幸せな気持ちになりますが、仕事も家庭も大変な人は、「なぜわたしは、こんなふうに笑えないんだろう」と、その笑顔に傷つけられることがある。

 僕も似たような経験があるんですよね。「世の中には、『子育てが楽しくてハッピー!』な絵しかないのに、なぜ自分はそうなれないんだろう」と、置いてけぼりになってしまう。それって、残酷だと思うんです。

 一方で、笑顔ではない親子の絵があるとする。幸せな人は「こんな親子もいるんだ。うちはいつも笑顔で幸せでよかったわ」と思うだろうし、大変な思いをしている人は、「笑顔がない、うちと一緒だ。よかった、私だけじゃなかったんだ」と安心し、両方をハッピーになるんです。

 もちろん、「とりあえずキャラクターは笑顔にしておきたい」という感覚もわかるし、そういう本があっていいし、単に好みの問題ですし、色んな表現があってしかるべきです。

 ただ、自分の本では、意味のない笑顔はなるべく描きたくないと思っています。読む人が納得できる理由があっての笑顔なら、描きたいですけどね。

――笑顔のない絵本の背景にあるヨシタケさんの意図は、子どもにも伝わると思いますか?

ヨシタケ:僕のような疑り深いマイノリティの子どもが、「だよね!」と思ってくれたらいいですよね。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。