エンタメ

中居正広「再会を願って」と乾杯 伝説の号泣事件、“SMAP5人旅”を振り返る

【この記事のキーワード】
【完成】伝説の「中居正広号泣事件」再び!?『ナカイの窓』最終回でSMAP再会匂わすの画像1

不器用すぎる二人も季節を越えれば まだ見ぬ幸せな日に巡り逢うかなぁ

 3月27日、中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)が最終回を迎えたが、中居正広がSMAPとの“再会”をにおわせ、エンディングでSMAPの名曲「オレンジ」を流したことで、ファンの感動を呼んでいる。

 『ナカイの窓』最終回は、中居をはじめレギュラーメンバーが総出でハワイロケを慣行。エンディングでは豪邸を貸し切って、最後の晩餐を楽しんだ。

 中居正広は乾杯の前口上で、「色々なことがありました。具体的には自分の口では言えないこともありました。人間って、人って、思う通りに生きていくことができないことも改めて感じました」と、約7年間に続いた番組を終える心境を吐露し、「再会を切に思うこともあります。何やってるのかなぁ、どうしてるのかな。長い長い付き合いをした仲間っていると思う」としみじみと語った。

 さらに、中居は「このメンバーだけじゃなく、僕には切に思う再会っていうね、僕にとっては、あるんです」と意味深に語り出し、「僕はこの再会を切に願うために、僕の口から言うのもすごくアレですけど、そんな乾杯でもいいですか?」「たぶん、見てると思うんですよね」としんみり。

 中居は顔を覆うようなしぐさを見せ、よもや泣き出しそうな雰囲気に、レギュラーメンバーのアンタッチャブル山崎弘也や陣内智則たちもなにかを察してザワつき出す。しかし中居はパッと態度を切り替えるように、「じゃあ、再会を切に願って。『ナカイの窓』、アンタッチャブルとリミテッドの再会を祈って、カンパイ!」と音頭を取り、ザキヤマの開店休業状態であるコンビと、陣内がかつて組んでいたお笑いコンビの名を出してオチをつけたのだった。

 中居はザキヤマらから“いやいや、SMAP匂わせてましたやん”的な総ツッコミを受けるもシラを切り通し、場はいつも通りの明るい雰囲気へ。しかしその後のエンディングでは、なんと往年のSMAPの名曲『オレンジ』が流れ出し、まるで中居の言葉を継ぐような余韻を残した。

 この一幕が、「中居くんがSMAPとの再会を願っている」と話題になり、SNS上では「中居くんの思いが泣ける……」「SMAPと再会してほしい!」との声が多数上がった。

さらに、木村拓哉が放送終了直後のタイミングで中国版TwitterのWeiboを更新。<Yes!!!! I was so sweat>というメッセージが、中居の「たぶん、見てると思うんですよね」という発言への私信ではないかと話題を呼んでいる。2016年の解散騒動以降は、ジャニーズ事務所に残った中居と木村さえ共演のないSMAPだが、ファンはその絆を再確認して安堵したようだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。