中居正広「再会を願って」と乾杯 伝説の号泣事件、“SMAP5人旅”を振り返る

【この記事のキーワード】

伝説の「中居ガン泣き事件」

 中居正広のSMAPに対する特別な思いを象徴する出来事が、2013年放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で起こった「中居ガン泣き事件」だ。

 同番組では、SMAPの結成25周年を記念して初めての5人旅が企画された。「歌の収録」と騙されてテレビ局に招集された木村、草なぎ、稲垣、香取の4人は、スタッフの指示で急きょ大阪へ。現地のレンタカー屋で合流した中居の運転で、大阪観光がスタート。

 5人は日中の観光を楽しんだ後、同じ旅館に宿泊して一緒に温泉に入浴。宴会後のスナックでのカラオケで、事件は起きた。中居の選曲によって、ほかのメンバーがSMAPの往年の名曲を続々と歌うのだが、1992年に発売された4thシングルのカップリング曲『BEST FRIEND』が流れると、それまで騒ぎまくっていた中居が途端にしんみり。静かに聞き入りながらおしぼりで顔を抑えるなどし、「ヤバイ、泣きそうになっちゃった」と言いながら本当に号泣したのだ。ちなみに、草なぎも熱唱しながらもらい泣きをし始め、スパイダーマンのかぶりもので誤魔化していた。

 これには当時、ファンから「私も中居くんと一緒に泣きました」「中居くんのファンになった」と感動の声が続出。SMAPファンの間で伝説のシーンとなっている。

「またSMAP5人で旅行? ないな。あと25年後じゃない?」

 ちなみにその後、中居はラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、初の5人旅の感想をトークしている。リスナーから例の号泣シーンについてツッコまれると、その時の心境について次のように振り返った。

「それこそ、歌番組がなくて歌が売れない時とか、会社の人から怒られたとか……よくわかんない、そんなの。でも、なんとかやってかなきゃいけないからね。そんなの(気持ち)が全部……全部、出てきたんじゃないの」

 ちなみに、宴会では焼酎を18杯ほど飲んでいたという。

1 2 3

「中居正広「再会を願って」と乾杯 伝説の号泣事件、“SMAP5人旅”を振り返る」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。