野村周平が広瀬すずとの2ショットで「のむすず大好き」チャラいキャラは演技か「本気」か

【この記事のキーワード】

 さらに監督は<『芝居はうまくない』と言った後に付け加えた言葉があって、『芝居はうまくないけど、奇跡はもってる』と言った><この現場では改めて、奇跡をもってると確信した。これからのあなたは、奇跡を奇跡じゃなくしていくんだと。できれば、『ちはやふる–結び–』の間にそれをやっておきたかったけど、片鱗は見えた気がする>とまで高く評価するコメントを述べている。

 それは『ちはやふる』シリーズを愛する観客の多くの思いを代弁する言葉でもあるはずだ。真島太一(野村周平)が、自分よりもかるたの腕前が格上で綾瀬千早(広瀬すず)をめぐる恋敵でもある綿谷新(新田真剣佑)を相手に見せた奮闘は映画『ちはやふる』シリーズのなかでもハイライトとなる場面であり、それが成功したのは、ひとえに彼の芝居が小泉監督言うように「奇跡をもってる」ということの証明にほかならないのだろう。

 『ちはやふる』シリーズは『ちはやふる-結び-』で完結となり、真島太一を演じる野村周平と、綾瀬千早を演じる広瀬すずにはもう会うことはできない。しかし、二人の共演であれば今後も見られる可能性はある。ツイッター上での2ショット写真だけではなく、映画やドラマの作品のなかでの「すずのむ」「のむすず」の2ショットも見たいものだ。

1 2 3

「野村周平が広瀬すずとの2ショットで「のむすず大好き」チャラいキャラは演技か「本気」か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。