叶姉妹の「謎」はすでに解かれていた セレブライフの入り口と半生

【この記事のキーワード】

謎の老紳士と石油王

 10代で数億もの大金を(男からの貢物として)手にし、会社を興して軌道に乗せた恭子さん。ある日、オフィスからほど近い赤坂でショッピングをしている最中に、老紳士と女性秘書から声をかけられる。その老紳士から差し出された名刺を見ると、「ああこの方」と納得するほど著名な、某企業の社長だったという。

 翌日、ショールームも併設された恭子さんのオフィスに訪れた老紳士は、恭子さんに縁談を持ちかける。しかもその相手は、80代の高齢男性で、アメリカの石油王。資産は880億円。これまで5人のハリウッド女優がその石油王とお見合いをしたが、縁談はまとまらなかったそうだ。

 恭子さんはこの「エキサイティングなお見合い大作戦」に乗り、フランスの古城に滞在しているという石油王の元へ赴く。石油王は彼女を気に入ったようだったのだが、即結婚、というわけにはいかない。帰国後、老紳士から「彼が結婚に踏み切るまでには、相当時間がかかる」「最低一年」と告げられた恭子さんは、待てないと言いお見合いを破談する。そしてこのお見合いそのものを受けたことに対する「御礼」を支払うという老紳士に、10億円を要求。すごい金銭感覚だ。

辻褄は合うのでは…

 『蜜の味』に書かれていることが、すべて事実かどうかは分からない。07年12月に、恭子さんの実父(同著によれば、美香さんの実父でもあるはずだが)が「金を返せ」と乗り込み、姉妹に傘を突きつけたなどとして暴力行為法違反の現行犯で逮捕されるという事件があったが、この時の週刊誌報道では、「父親は大阪で自動車部品の工場を経営していた」とされている。また、「羽振りがよかった頃、愛人を作って家を出ていったが、その後、工場が倒産して金策にあえいでいた」とも。

 なるほど、こうして照らし合わせてみると、輸入関係の会社か自動車部品工場かの違いはあれども、父が社長であったことは間違いないらしい。であれば、多少表現に誇張がある可能性は否めないとしても、『蜜の味』は十分に叶恭子の自伝として成立しているのかもしれない。

 多くの視聴者が疑問に思っている「叶姉妹の収入源」についても、「元カレが尋常じゃない額を貢いでくれたおかげで、それを元手に会社経営や株取引などの資産運用をしている」。これが正解だと思えば、彼女たちが高級売春婦だとウワサするよりもスッキリする。

1 2 3

「叶姉妹の「謎」はすでに解かれていた セレブライフの入り口と半生」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。