エンタメ

里田まい妊娠の陰に「夫の献身」あり…ゴシップ変化に見る夫婦のいま

【この記事のキーワード】
里田まい妊娠の陰に「夫の献身」あり…ゴシップ変化に見る夫婦のいまの画像1

田中将大Instagramより

 米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキース所属の田中将大投手(30)が3月25日、妻である里田まい(34)の第2子妊娠をTwitterで発表した。

「私事ですが、今日は皆様にご報告があります。この度、第2子を授かりました。出産は6月頃の予定です。新しい家族が増えることを嬉しく思い、今からとても楽しみにしております。是非、温かく見守っていただけたら幸いです」

 2012年に結婚、2016年に第一子となる長男を出産してから3年。第二子妊娠の報告にネットはお祝いムード。この田中のツイートにも「おめでとうございます」というリプライが嵐のように押し寄せ「とにかく奥様を大切に奥様の味方でいて下さいね」と、妻の里田を気遣う声も寄せられている。

 この妊娠に至るまでのふたりの様子を「女性自身」(光文社)が報じていた。長男は生後3カ月で1歳児並みの大きさに成長し、ベビー服はピチピチになったうえ、夜泣きも豪快だったため、当時の里田が四苦八苦していたのだという。

 加えて、慣れないニューヨークでの孤独な子育ては里田に大きな負担となり、ホルモンバランスも崩れたため、不安定な状態に。泣きながらストレスを田中に訴えたこともあったのだという。そんなとき、田中は「黙って聞いてくれて、里田さんを優しく包み込んでくれた」のだそうだ。

 田中は育児にも積極的で、普段から留守が多いことを申し訳なく感じていることから「できる限り育児に参加する」と決意し、子育てにコミットする中で里田の大変さを理解し尊敬を抱くに至り、育児を通し2人の愛はさらに深まったと記事にはあった。

 妊娠の内幕を報じたこの記事には一つの新しさがある。これまで“夫の献身”をこのように報じる向きは、ほとんどなかったということだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。