エンタメ

TWICE初の日本ドームツアー、その裏でメンバーを襲った「過酷スケジュール」「疲労」

【この記事のキーワード】
TWICE初の日本ドームツアー、その裏でメンバーを襲った「過酷スケジュール」「疲労」の画像1

TWICE『#TWICE 2(初回限定盤B)』(ワーナーミュージック・ジャパン)

 3月31日放送『情熱大陸』(TBS系)は、TWICEのリーダー・ジヒョにスポットを当てる。

 現在、TWICEは初めての日本ドームツアー「TWICE DOME TOUR 2019 “#Dreamday”」を行っている最中。3月20日、21日には京セラドーム大阪、今週も29日と30日に東京ドームでライブを行った。残す4月6日のナゴヤドームでの公演が千秋楽となる。

 TWICEドームツアーのチケットはわずか1分で完売。K-POPの女性グループのなかでも圧倒的な人気を誇ることを改めて証明した。

 TWICEは韓国、日本、台湾の3カ国からメンバーが集まった多国籍グループだが、ミナ、サナ、モモの日本人メンバーではなく、韓国人メンバーであるジヒョにフォーカスが当たるのもなかなか珍しいことで、今回の『情熱大陸』には多くのONCE(TWICEのファンの総称)が期待を寄せている。

疲労で限界のジョンヨンはカメラの前で涙を流した

 『情熱大陸』では現在行われているドームツアーに向けての舞台裏が放送される予定だという。

 番組のなかで触れられるかは分からないが、実は、昨年後半のTWICEはあまりにも忙し過ぎて本当に大変な状況だった。年の瀬には、その過酷さにONCEが所属事務所のJYPエンターテインメントに対して「働かせ過ぎ」「休みをあげて」「このままじゃ過労死しちゃう」といった声をあげるといった事態にもなった。

 そのような状況になったのは、2018年12月18日に各動画サイトで公開されたネット動画「TWICE TV 2018 EP.14」がきっかけだった。その番組では、ジョンヨンがあまりの過密スケジュールに涙する姿が映されていたからだ。

 ジョンヨンが号泣する動画が撮影されたのは10月5日のこと。当時のTWICEは日本アリーナツアーの真っ最中で、そこに加えて、11月5日に発売されるミニアルバム『YES or YES』の製作が重なり、日韓双方での仕事が同時進行していく状態だった。動画のなかで涙を流しながらジョンヨンはこのように語っている。

<メンバーたちも、すごくすごく大変な思いをしている状況です。隣で力になってあげたいのに、力になってあげられないような気がして、申し訳ない気持ちになって。いつもファンの方々にも笑う姿だけを見せないといけないのに、辛い姿を隠しきることが出来なくて、申し訳ないです。(中略)これから残った2018年、みんな健康に過ごしてほしい。ケガをしないで>(動画配信サイト「V LIVE」に付与された日本語訳より)

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。