Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散のタイミングが最悪! 脱退のka-yu「恐喝・詐欺に集団訴訟」の動き

【この記事のキーワード】

 そしてもうひとつは、現在芸能界を激震させている薬物関係の“疑惑”だ。今年3月、俳優でミュージシャンのピエール瀧容疑者がコカインを使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。この大捕物以降、各週刊誌やスポーツ紙は「次は誰だ?」と言わんばかりに、薬物疑惑が浮上しているタレントをイニシャルで伝えている。

 たとえば、27日付け東京スポーツWeb版の記事では、<警視庁で薬物事犯を扱う組織犯罪対策第5課が、『NHK紅白歌合戦』に出場経験もある“歌姫X”の逮捕を狙っている>と報道している。Xは「代表曲はカラオケランキング上位の常連」「女性を中心に幅広い層から支持されている」とのこと。ちなみに、29日の「日刊ゲンダイ」も、<平成の歌姫「H」>の名を挙げていた。

 同日の「FRIDAY DIGITAL」では、「超売れっ子俳優のT」の名を挙げ、<一般的には爽やかなルックスが売りの彼ですが、下積み時代から素行が悪いことで知られている。クスリを覚えたのもその頃だといいます。テレビに映画にと引っ張りダコなだけに、もし逮捕となれば、その影響は今回の瀧容疑者以上のものになります>と、かなり具体的に伝えている。

 いずれもネットでは、具体的なタレント名を挙がり論議の的になっている。Janne Da Arcのメンバーを暗に示したものではないにせよ、イニシャルの中には歌手という肩書きもあった。このタイミングでバンドの突然すぎる解散、およびka-yuのトラブル含みの脱退に、疑いの目が向くのも無理ないことなのかもしれない。

 いずれにせよ、何ら説明もないままではJanne Da Arcやka-yuのファンは不安を募らせるよりほかなく、納得もできない。いつかメンバー本人たちの口から、詳細が明かされる日は来るのだろうか。

1 2

「Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散のタイミングが最悪! 脱退のka-yu「恐喝・詐欺に集団訴訟」の動き」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。