エンタメ

FNS春の祭典にドン引き!! 視聴者が求めているのは「誰かを蔑む笑い」ではない

【この記事のキーワード】
【完成】坂上忍が整形女性を小馬鹿にし批判殺到 視聴者が求めているのは「誰かを蔑む笑い」ではないの画像1

『バイキング』公式サイトより

 今月1日、坂上忍司会の特別番組『FNS番組対抗オールスター春の祭典目利き王決定戦』(フジテレビ系)が放送されたが、そのなかの企画「整形美女とナチュラル美女の境界線を目利きしろ」に批判が殺到している。

 番組では春から放送される新ドラマやバラエティの出演者が集合し、「紙製の椅子か本物の椅子か」「甘いケーキか激辛ケーキか」などを目利きするクイズに挑戦。正解数を競い合った。しかし「整形美女とナチュラル美女の境界線」を目利きする段になると、出演俳優たちにの表情に俄かに困惑の色が浮かぶ。

坂上忍は整形した女性を馬鹿にして笑いをとる

 「整形美女とナチュラル美女の境界線を目利きしろ」では、スタジオにAからDまでの5人の女性が登場。女性は一列に並び、どこまでが整形美女でどこまでが天然美女なのかを当てる。

 坂上は「遠めから見てもAの方は(整形と)わかる」と発言。共に司会をしていた山﨑夕貴アナウンサーに「わかりませんよ」と否定されるも「どうみてもわかるでしょう」と強く反論した。

 確かにAの女性は数週間前の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)に出演し、美容整形をカミングアウトしていたモデルで、それを知っていた出演者もいたかもしれない。だが番組でそのことには最後まで触れられなかった。

 その後も事あるごとに坂上はAの女性を小馬鹿にしたような発言を繰り返し、彼女が整形美人だと発表されると「えー! 見えない!」とわざとらしいリアクションで、笑いをとろうとしていた。また、Aの女性が「耳以外すべて整形した」と告白すると、坂上は失笑したのだった。

 この坂上の態度に視聴者からは、「坂上忍が整形した人を見下していて不愉快」「坂上忍のボケの何が面白いのかわからない」と、非難が殺到している。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。