FNS春の祭典にドン引き!! 視聴者が求めているのは「誰かを蔑む笑い」ではない

【この記事のキーワード】

 最近では、女性芸人のブスいじりにも批判的な声が増えてきた。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でイモトアヤコが「ブス」と連呼される演出が放送された際には、嫌悪感を覚える視聴者が続出した。前出した『マツコ&有吉のかりそめ天国』の「美人の彼氏企画」にも「失礼」という意見が噴出し、「ブスババ抜きゲーム」は女性蔑視だと大炎上。“笑えるもの”なら、こうはならない。

 今回の「整形美女とナチュラル美女の境界線を目利きしろ」に対しても坂上忍の失礼な態度への批判と共に、「容姿いじりはイジメ」「整形かどうかを見極める企画なんて不愉快でしかない」「あんないじり方されたら病んでしまいそう」など、ネット上では批判が殺到している。

 視聴者がテレビに求めている笑いは、「誰かを蔑む笑い」ではない。

1 2 3

「FNS春の祭典にドン引き!! 視聴者が求めているのは「誰かを蔑む笑い」ではない」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。