宇垣美里アナのTBS退社はイジメのせいではない?「コーヒーぶちまけ事件」の真相も 

【この記事のキーワード】

伊野尾慧との熱愛で朝番組の降板

 宇垣美里アナウンサーの「コーヒーぶちまけ事件」は、昨年3月に「週刊現代」(講談社)が報じたもの。ジャニーズタレントであるHey! Say! JUMP伊野尾慧との熱愛が浮上し、レギュラー出演していた『あさチャン!』のプロデューサーから降板が伝えられた宇垣美里アナは、「なんで私が辞めなきゃいけないんですか!」と激怒し、コーヒーを壁に向かってぶちまけた……という内容だった。その行動は大胆だが、「なぜ辞めなければならないのか」との訴え自体は至極真っ当だ。

 しかし実際は、プロデューサーが「とりあえず落ち着いて」と渡したコーヒーを、宇垣アナが飲まずに「排水口に捨てただけ」だったといい、局内でも彼女のファンは多かったようだ。

 宇垣アナ自身も、アシスタントを務めるラジオ『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)でフリーになることを発表した際、アナウンス室でのイジメや邪魔者扱いといった噂を一蹴している。

<居場所がないないと言いますけど、そんなことないぞと。私は意外とこの会社で愛されていました>
<未だに辞めるって決めて時間も経ちましたけど、やっぱりどうしようかな、辞めるの止めようかなと思うくらい>
<のびのび感は凄かった。治外法権と言われてましたからね、のびのびしすぎて>

 自分の意思をはっきりと表明する彼女は、従順でもおバカでもなく“従来の女子アナ像”にはハマらない。それゆえTBSにとって宇垣アナは「扱いづらい」「邪魔者」なのだと評するメディアは多かったが、TBSもそこまで古臭い社風ではないようだ。

 さて、宇垣美里アナは4月より大手芸能事務所「オスカープロモーション」の所属となった。公式サイトでは「ドラマ、バラエティ、舞台、映画、など総合的にマネージメントをやっておられる事務所だと感じました。今後MC以外の仕事も充実できると考え、オスカープロモーションでお世話になることを決めました」と述べており、アナウンサー以外の仕事にも意欲を見せている。今後、彼女がどのような活躍をみせてくれるのか楽しみだ。

1 2

「宇垣美里アナのTBS退社はイジメのせいではない?「コーヒーぶちまけ事件」の真相も 」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。