エンタメ

ピエール瀧は愛されているか。三度の覚せい剤逮捕にもかかわらず蘇る岡村靖幸のように

【この記事のキーワード】
ピエール瀧は愛されているか。三度の覚せい剤逮捕にもかかわらず蘇る岡村靖幸のようにの画像1

DAOKO「ステップアップLOVE」 (通常盤B)

 3月12日に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された、電気グルーヴのメンバーであり俳優のピエール瀧(本名:瀧正則・51)被告。4月2日に起訴されたのち、翌日に弁護人が保釈を申請。4日にこれが認められ、瀧被告は400万円の保釈保証金を支払い、5日夜、勾留先の湾岸署から保釈された。地検の発表によれば瀧被告は3月12日ごろ、東京・世田谷区にあるマンション一室でコカイン若干量を使用したとされている。調べに対し「20代の頃からコカインや大麻を使っていた」と罪を認めている。

 電気グルーヴは結成30周年を迎え、1月にはアルバム『30』をリリース。『電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”』の真っ最中で、東京公演を控えたタイミングでの逮捕だった。俳優としても精力的に活動していた瀧被告の逮捕を受け、テレビ・映画業界は出演見合わせや配信停止、代役への交代など、おおむね消極的な方向の対応を取ったことは既報の通り。追い討ちをかけるように、起訴された同日、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツは瀧被告のマネジメント契約解除を発表した。

 逮捕から起訴まで、“芸能人・ピエール瀧”を抹消するかのような対応が各社でなされたが、唯一、5日公開の映画『麻雀放浪記2020』だけは公開に踏み切られた。だが今後、瀧被告の公判が終結し罪を償い終わったとしても、そして薬物依存を治療できたとしても、彼の俳優としての居場所はないだろう。少なくともテレビドラマは難しいのではないか。

 電気グルーヴとしての活動はどうか。逮捕直後からCDの発売や音源のリリースは中止となっており、過去作まで及んだ。企業がイメージやコンプライアンス遵守を重視する昨今、違法行為に手を染めた“芸能人”の禊が終わるのはまだ当分先のはずだ。

 瀧被告をめぐる業界の厳しい対応を目にする中、時折目にする意見は「昔はもっと甘かった」というものだ。ライター近藤正高氏による記事『槇原敬之が覚醒剤事件から復帰できたワケ』(プレジデントオンライン)では、過去に芸能人が不祥事を起こした際の復帰までの道のりを詳しく記している。これによると芸能界においては1960年代から不祥事が度々見られたが、禊の期間は短く、ペナルティも軽かった。ミュージシャンの不祥事でCDの販売が初めて停止となったのは1999年、槇原敬之(49)が覚せい剤取締法違反で逮捕された頃からだ。尾崎豊が1987年に覚せい剤取締法違反で逮捕された際も、半年で復帰を果たした。

 「時代が違う」というが、時代性だけなのだろうか。その人物の人脈、居場所、そして愛され度によるところも大きいのではないか、と筆者は思う。槇原敬之に坂本龍一が手を差し伸べたように。そして10年ほど前でも、覚せい剤取締法違反で三度逮捕され、服役の後、復活したミュージシャンがいる。岡村靖幸(53)だ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。