SMAPの秘蔵映像が地上波で流れた! テレビ東京の英断、NHKも続くか

【この記事のキーワード】

 この番組は平成の間に行われた『NHK紅白歌合戦』をもとに平成の歌謡史を振り返るという趣旨の番組だ。

 『総決算!平成紅白歌合戦』は視聴者からのリクエストを募っている番組で、ホームページ上では<「総決算!平成紅白歌合戦」では平成30年間の紅白の名歌唱名場面を振り返ります。あなたの好きな名シーンを理由と一緒にお送りください>とリクエストを募集している。

 ツイッター上ではSMAPへの投票を呼びかける流れがある一方で、絶望的との声も上がっている。というのも、この番組の司会は嵐の櫻井翔で、嵐メンバーの出演も予定されているからだ。

 NHKといえば、新しい地図の3人の冠番組が決まりかけていたが、東京オリンピックをテーマにした特番に嵐を起用したがっているNHK 上層部がジャニーズ事務所に忖度して番組企画が握りつぶされたと「週刊文春」(文藝春秋)2019年1月31日号で報じられたばかりだ。

 昨年大晦日の『第69回NHK紅白歌合戦』のオープニングVTRでは、SMAPが「世界に一つだけの花」を歌っている映像が一瞬映し出されたことは話題となった。

 しかし、『総決算!平成紅白歌合戦』において、SMAPの扱いが、「一瞬映った」程度だったとしたら、強い違和感を生むだろう。それは客観的な数字を見ても明らかだ。SMAP は1991年(平成3年)の初出場以降23回にわたって出演し、大トリの大役を6回も務めた。また、中居正広は6回も司会を担当している。こんな貢献をした歌手は他にいない。

 『総決算!平成紅白歌合戦』はSMAPをどのように扱うのか、ジャニーズ事務所への忖度に屈せずにきちんとした番組製作を行うことができるのか。NHKの姿勢に注目が集まっている。

1 2

「SMAPの秘蔵映像が地上波で流れた! テレビ東京の英断、NHKも続くか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。