エンタメ

NGT48荻野由佳が体調不良、バッシング止まぬAKSの愚策

【この記事のキーワード】
【完成】NGT48荻野由佳が体調不良、バッシング止まぬAKSの愚策の画像1

荻野由佳ツイッターより

 NGT48暴行事件による影響は風化するどころか、日に日に深刻になるばかりだ。一正蒲鉾をはじめとしたスポンサーが次々と離れ、冠番組の放送終了や放送休止も相次いでいる。

 一刻も早く株式会社AKSが対応をとり直さなければNGT48はもちろん、AKB48グループ全体の存続を揺るがしかねない問題だが、AKSの動きは鈍い。どころか、問題を抱えたまま通常営業に戻りつつある。

 4月7日には、福岡県の西日本総合展示場で、AKB48「ジワるDAYS」劇場盤発売記念大握手会が開かれた。その最中、NGT48所属の荻野由佳は不調に襲われたという。7日夜に更新したツイートのなかで彼女は<喋りすぎなのか、途中声が出なくなってしまい ごめんなさい…会いに来て下さり、とっても嬉しかったです!>と、万全の体調ではなかったことを謝罪している。

 また、インターネット上では握手会の最中に荻野が涙を流したとの参加者証言もあり、彼女にとって現状での握手会は心身ともに厳しいイベントであったのかもしれない。

NGT48荻野由佳はなにをしても炎上する状態

 荻野はネット上で“疑惑メンバー”扱いをされており、苛烈なバッシングが続いている。そのきっかけは、暴行事件の被害者である山口真帆が荻野のツイッターのフォローを解除したことだった。これを起点に、荻野が過去に投稿したインスタグラムのストーリーが深読みされるなどして炎上が拡大した。

 それ以降、ツイッターにせよインスタグラムにせよ、彼女のSNSアカウントは常に炎上している状態だ。彼女のもとにはこんなリプライやコメントが常に押し寄せている。

<何をやっても気色悪い!>
<まほほんの人生ぶっ壊した責任とれよ>
<どんなに平静を装ってもお前の薄汚い本性バレちゃってるから。こんなのいずれ消えるだろうからまぁそれまでAKS(悪の組織)とお前を応援してるファン(犯罪者予備軍)と汚い金儲けして下さい>
<これだけ批判されている中よくテレビに出ようと決心できますね。自分が置かれている状況をちゃんと理解してください>
<今あなたは世間のみんなに色々なバッシングを受けていますね。それはすごく辛いことだと思います。でも、山口真帆さんはもっと辛くて苦しかったんです>

 それは本人のアカウントだけにとどまらない。荻野はAKB48の選抜に選ばれているメンバーで、3月29日放送『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にAKB48が出演した際も選抜されていた。しかし、そのことが告知されると『ミュージックステーション』のツイッターアカウントにはNGT48メンバーの出演を控えるよう抗議するリプライが殺到。それが影響したのかは不明だが、生放送でNGT48メンバーがカメラに抜かれることはほとんどなかった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。