エンタメ

YouTuberが生配信中に意識不明で救急搬送、流行する「おにぎり早食いチャレンジ」草なぎ剛や水溜りボンドも

【この記事のキーワード】
【完成】YouTuberが生配信中に意識不明で救急搬送、流行する「おにぎり早食いチャレンジ」草なぎ剛や水溜りボンドもの画像1

「Getty Images」より

 女性YouTuberが動画の生配信中にこぶしほどの大きさに握った赤飯を喉に詰まらせ、意識不明になる事故が発生した。

 事故にあったのは「sola Channel」さんというチャンネル登録者数4,300人ほどのYouTuber。今月8日、sola Channelさんは動画を生配信しながらこぶしほどの大きさに握られた赤飯を一口で食べると宣言。おにぎりを口いっぱいにほお張った彼女は、しばらく口をもごもごさせていたが、その後、後ろに倒れ込み動かなくなった。

 なお、sola Channelさんはおにぎりを口に入れる前に「大丈夫だよ」とカメラに向かってつぶやいており、視聴者から喉に詰まらせることを心配するコメントがあったのかもしれない。

 「おにぎり早食いチャレンジ」は、YouTuberに人気の企画であり、多数の有名YouTuberがチャレンジ動画をアップしている。

草なぎ剛や水溜りボンドも「おにぎり早食いチャレンジ」の動画を投稿

 日本一有名なYouTuberといわれる「HIKAKIN」も、3年前に「おにぎり30秒で食べられるかチャレンジしてみた!」というタイトルの動画を投稿している。その他、「まみむめもちお」や「はじめしょちょー」、SMAP解散後、YouTuberとしても活動している草なぎ剛も「おにぎり早食いチャレンジ」に挑戦。また、「水溜りボンド」にいたっては、食べ物の早食いをシリーズ化している。

 一見簡単そうに見えることも、「おにぎり早食いチャレンジ」に挑戦するYouTuberが多い理由だろうが、30秒で完食できる人はほぼいない。ほとんどのYouTuberは、すべて口に入れるものの、飲み込むことが出来ず苦しそうな表情で終わっている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。