YouTuberが生配信中に意識不明で救急搬送、流行する「おにぎり早食いチャレンジ」草なぎ剛や水溜りボンドも

【この記事のキーワード】

 すっかり浸透している「おにぎり早食いチャレンジ」だが、sola Channelさんの事故のように、おにぎりを早食いすることは喉に詰まらせ窒息する可能性がある危険な行為だ。2016年に滋賀県で行われた「5個のおにぎりを3分以内にどれだけ食べられるかを競う」というイベントでは、28歳の男性が喉に詰まらせ病院に搬送された後、死亡している。

 今まで「おにぎり早食いチャレンジ」に挑戦してきたYouTuberたちが病院に運ばれなかったのは、“運が良かった”だけかもしれない。

危険なチャレンジはYouTubeの規制対象になっている

 「おにぎり早食いチャレンジ」だけでなく、YouTubeには数々の危険なチャレンジが蔓延している。たとえば、洗濯用洗剤を飲み込む「洗剤チャレンジ」、目隠しをして様々なことに挑戦する「目隠しチャレンジ」。また海外では、風呂場で自身の体にアルコールを塗り火をつける「ファイヤーチャレンジ」が流行ったが、死傷事故が多発したという。

 こういった危険なチャレンジによる事故を危惧したYouTubeは、今年1月のガイドライン改定で危険なチャレンジ動画を規制対象とし、撲滅に努めている。グローバル企業として然るべき処置だが、規制強化に対して一部のYouTuberや視聴者からは、「YouTubeの魅力である“自由”がなくなる」といった否定的な意見も出ている。

 しかし危険なチャレンジを真似する視聴者や子供が出ないとも限らず、YouTubeの影響は決して侮れない。そもそも、投稿者がチャレンジに失敗しケガや死亡事故があっては、誰の得にもならないだろう。自由なYouTubeにも最低限のルールはある。

1 2

「YouTuberが生配信中に意識不明で救急搬送、流行する「おにぎり早食いチャレンジ」草なぎ剛や水溜りボンドも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。