エンタメ

NGT48事件でAKS社長が「事件のことをグチグチ気にするなら…」と信じられない発言

【この記事のキーワード】

 はっきり言ってこの事件の根深さは、「犯人とつながっていたメンバーは誰か」などということではなく、なぜAKSが「この事件を隠蔽しようとしたか」というところにある。複数のNGTメンバーが住む寮にファンを名乗る男らが侵入し、部屋まで借りていたというのに、山口真帆が1月に告発するまで、この事案は公表されなかった。なぜなのか。

 第三者委員会の調査報告書には、犯人グループと思われる男性から話しかけられて何の抵抗もなく会話をしているNGTメンバーがいること、その男性と複数回個別に会っていたメンバーがいること、また山口を襲って逮捕された男性のうち一人は以前より当該マンション内でNGTメンバーと会うなどしていたことが記されている。そうしたメンバーを容認することは、すなわち、山口真帆をNGTから追放することに直結する。暴行被害に遭いグループ内の腐敗を告発した山口が追い出され、不適切な行動をしたメンバーたちは不問。これは相当に不自然である。

 ネットでも“悪いメンバー”を決めつけ叩く風潮が加速しているが、メンバー個人に責任を押し付けてはいけない。ファンと「つながった」メンバーにも、「つながる理由」があったのではないか。その動機こそが、明かされてはならない事件の本質なのかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。