連載

山下智久『インハンド』で人嫌いの変人役なのに「キラキラしすぎ」! 番宣制覇の気合も“悪いクセ”に心配

【この記事のキーワード】
山下智久『インハンド』で人嫌いの変人役なのに「キラキラしすぎ」! 番宣制覇の気合も悪いクセに心配の画像1

『インハンド』公式webより

 4月も早いもので二度めの週末、新ドラマが続々オンエアスタートしています。そこで今週のアツは注目作品の一つ・山下智久さん主演の『インハンド』(TBS系)の情報をお届け。

 濱田岳くんと熟年夫婦のような掛け合いを見せ、盛大に34歳の誕生日を祝った山P。その美しさは磨きがかかるばかりですが、これほどのハードスケジュールでその美貌を保てるってどんだけ〜〜〜、な山P最新情報です。

___

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 平成最後の4月9日は山下智久くんの34回目のお誕生日!  そんなアニバーサリーを逃す手はないよねということでその日、山Pの主演ドラマ『インハンド』(TBS系)の特別試写会&キャスト舞台挨拶が行われました。

 残念ながらアツは1話特別試写会には出られず舞台挨拶から行ったんだけど、会場に入ってまずビックリ。だって会場を埋め尽くしていたのは熱心なゴリゴリ山Pファンだったから。しかも見渡す限り若くて綺麗な美女美女美女……ばかりで、先に着いてた男性カメラマンなんて「ここはモデルのオーディション会場かと見間違うぐらいだったよ。あ~、目の保養になった!」とホクホク&デレデレ顔になっちゃってて。

 招待されたお客様は山Pのファンクラブに入っている皆さんなんだけど「もしかして山Pのファンクラブに入会するには写真選考でもあるんじゃないの?  顔面偏差値、高過ぎだよね~」の声が漏れ聞こえてきたぐらい。特にセンター周辺に座っている子は一段と可愛くて、もしやTBSの策略?  ジャニーズ事務所の計算?  と勘ぐりつつも、これじゃあ山Pのテンションもおのずと急上昇しちゃうよなぁと感心した次第。

 で、試写会から行ったお友達の記者にどんな様子だったのか聞いたんだけど、司会進行は「あっ、名前忘れちゃった。ちょっと見は的場浩司さん似で、でもカッコイイTBSの男性アナウンサーだった」そう。一体全体、誰なのよ~?「その男性アナウンサーさんが涙ぐましいまでに一生懸命に盛り上げていて、何だか切なくなっちゃったわ」という感想だったのだけど。多分その男性アナは赤荻歩アナウンサーじゃないかしら?  頼りなくてごめんなさいね。

 友達が言うその涙ぐましいまでの盛り上げ方というのを説明すると、まず今回の『インハンド』の会見は、渋谷駅前に新しく出来たビルの中の“渋谷ストリームホール”で行われたんだけど。その男性アナは山Pファンのお客様に向かって『ストリームホールで記者会見をするのは今回が初めてになるんです。拍手~』と言いながら音を大きくたてて自ら力いっぱい手を叩いていたそうなの。「それに呼応してファンの皆さんも全力で拍手をしていてね。山Pのために会場中が体全体を使って盛り上げている感じが見て取れて、何か感動しちゃった」そうよ。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。