社会

11人もの逮捕者を出したナンパ塾「リアルナンパアカデミー」、公判で「悪質かつ卑劣な犯行」と認定

【この記事のキーワード】
【完成】11人もの逮捕者を出したナンパ塾「リアルナンパアカデミー」、公判で「悪質かつ卑劣な犯行」と認定の画像1

「Getty Images」より

 今年3月は、日本各地の裁判所で、性犯罪事件の無罪言い渡しが連続した。

 ひとつめは12日、福岡地裁久留米支部における準強姦事件での無罪判決。スノーボードのサークルの飲み会に友人と参加した女性が、罰ゲームとしてテキーラを数回一気飲みさせられたほか、カクテル等を飲み酩酊。嘔吐の後眠り込んでいたところ、遅れて参加した40代男性が明け方、女性と性交した事件。

 ふたつめは静岡地裁浜松支部。昨年9月、磐田市で女性に乱暴したなどとして強制性交致傷罪に問われたメキシコ国籍の男性の裁判員裁判で、19日に無罪判決を言い渡している。「故意はなかった」と判断したとのこと。

 3つめは26日、名古屋地裁岡崎支部。2017年8月と9月に、娘と性交したとして、準強制性交等罪で起訴されていた父親。検察側は「娘は中学2年の頃から被告から性的虐待を繰り返し受け、事件当時は被告に抵抗することが著しく困難な状態だった」と主張。弁護側は「娘は抵抗できない状態になく、性交にも同意があった」などと主張していた。判決で裁判所は、性交について同意はなかったと認定。だが「被告は娘に長年、性的虐待等を行って精神的な支配下に置いていたと言えるが、強い支配従属関係が形成されていたとは認めがたい」と指摘。「抗拒不能の状態にまで至っていたと断定するには、なお合理的な疑いが残る」と判断した。

 最後は28日言い渡し、静岡地裁での強姦と児童買春・ポルノ禁止法違反事件。父親は当時12歳の長女を強姦した罪に問われていたが、裁判所は「唯一の直接証拠である被害者の証言は信用できない」として無罪判決が言い渡された。

 立て続けにこうした判決が報道されたことで、ネット上では怒りの声や反発等、これらに疑問を呈する反応が多く見られた。これらが妥当かはひとつひとつを詳細に検討する必要があり、現在、さまざまにそれが行われている段階であろう。だが、世の中にはまだ事件化されていないが被害に遭った女性がいる場合があり、その女性たちが“被害を訴えてもその相手が無罪になってしまうのでは”という諦めを感じてしまうような事態は懸念すべきだ。実際に過去の被害について女性たちが語ったからこそ、明るみになった事件の現状を、改めて記したい。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。