エンタメ

元TOKIO山口達也に中居正広が手紙を送っていた! ジャニーズ同世代間の知られざる交流

【この記事のキーワード】
元TOKIO山口達也に中居正広が手紙を送っていた! ジャニーズ同世代間の知られざる交流の画像1

(左)中居正広/(右)山口達也

 16日発売の「FRASH」(光文社)が、中居正広の『中居くん決めて!』(TBS系)メンバーによる夕食会の様子をキャッチ。その席で、中居正広がTOKIOの山口達也に「手紙」を書いたことを明かしていたという。

 この夜は、中居正広を中心に番組アシスタントの江藤愛アナや中居のマネージャーら4人が赤坂の焼肉店で会食していたそうだ。江藤アナが「メールが苦手」と中居に相談したところ、中居は「手紙を書けば?」と提案したという。そこで、<「俺はけっこう書くよ。この前、佐野が退社したから、手紙を書いた。山口にも書いたよ」>というひと言が飛び出したという。

 「佐野」とは、2018年12月31日に45歳で退所した元ジャニーズJr. の佐野瑞樹と思われる。また、「山口」は昨年4月に女子高生への強制わいせつで書類送検され、TOKIOを脱退した山口達也のことだろう。

 中居が山口達也に手紙をしたためるとは意外だが、中居正広は46歳、山口達也は47歳。学年はひとつしか変わらない同年代だ。また、SMAPは1988年にデビューし、山口達也が所属していたTOKIOは1989年にデビューしている。所属したグループは違えども、同時代にジャニーズの第一線で活躍してきた盟友として、中居と山口は現在も交流が続いているということだろうか。

SMAPとTOKIOが「共演NG」だったワケ

 しかし中居正広と山口達也が親しいという話はこれまでなかった。そればかりか、SMAPとTOKIOの「共演NG」は長らく業界内ルールとして囁かれてきたことである。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。