エンタメ

工藤静香と木村拓哉に錯綜した「家庭内別居状態」「離婚寸前」の報道をインスタで否定?

【この記事のキーワード】

次女Kōki, <人々がママのことを何と言おうと><パパはもっとも幸福>

 母の誕生日に際し、夫婦の次女でモデルのKōki,は自身のインスタグラムにお祝いのメッセージを投稿している。

 Kōki,は静香とのツーショット写真と共に、<Happy birthday mum>から始まる感謝の文章をアップ。全て英文で綴られているが、和訳すると以下のようなものであった。

<私は愛する家族のもとで生まれ、素晴らしいママを持つことができてとても幸せ>
<人々がママのことを何と言おうと、愛と希望に満ちた私を育ててくれて本当にありがとう>
<家族のためにいつも美味しい料理を作ってくれてありがとう>
<ママと結婚できたパパはもっとも幸福だと思う>

 とても愛のこもったメッセージだ。<人々がママのことを何と言おうと>とは、世間から工藤静香へのバッシングを指しているのかもしれない。

 昨年9月、「週刊文春」は、恒例のアンケート「女が嫌いな女」の結果を発表したが、1位を獲得したのは工藤静香であった。その理由としては、2016年のSMAP解散騒動の際、夫・木村拓哉にジャニーズに残れと懇願したという報道を引き合いに出すものや、「Kōki,を自分が目立つために利用しているから」などが多い。

 最近では、工藤が自身のインスタグラムにアップする手料理の写真が新たなバッシング対象となっており、ネット上では、「センスが悪い」「汚料理」「魔女の料理」といった否定的な意見で溢れている。

 しかし、Kōki,はこういった母親へのバッシングを知ったうえで敢えて、素晴らしい母親であると発信しているようだ。工藤のアンチのなかにはKōki,に対して「あんなお母さんでかわいそう」と同情の目を向ける人もいるが、Kōki,にとっては余計なお世話でしかない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。