社会

東国原英夫が発信した「呪い」の言葉「世の中には頑張らない人がいる」

【この記事のキーワード】
【完成】東国原英夫が発信した「呪い」の言葉「世の中には頑張らない人がいる」の画像1

東国原英夫『東国原流人生相談―あなたの悩みをどげんかせんといかん』(東京コラボ)

 4月12日に行われた東京大学の入学式における上野千鶴子・同大名誉教授の祝辞は大きな反響を起こした。

 上野千鶴子氏はまず、東京医科大学不正入試問題など具体的な例を挙げながら女性差別の実態を指摘したうえで、<頑張ってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています>とスピーチした。

 さらに上野千鶴子氏は、東大の入試を突破した入学生たちに対し、その結果は自分の努力だけで勝ち取ったものではなく、周囲の恵まれた環境が与えてくれたものであることを忘れるなと語ったうえで、<恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください>と諭した。

 上野千鶴子氏の言葉は、入学式の祝辞としては型破りな内容だけにニュースとして大きく取り上げられ、ワイドショーでもこのスピーチに時間を割いていた。そのなかで東国原英夫の発した的外れな発言が炎上している。

4年制大学進学率の男女差について東国原英夫が語ったこと

 4月15日放送『バイキング』(フジテレビ系)は40分近くの長尺を割いて東大入学式の話題を扱った。

 スタジオの雰囲気は上野氏のスピーチにおおむね賛意を示す空気だったのだが、そのなかで唯一反対の意見を語り続けたのが東国原だった。

 コメンテーターの席に座った東国原はMCの坂上忍から話を振られるたびに微妙な表情を浮かべて上野氏の語った内容に文句をつけ続ける。

 手始めは、上野氏が祝辞のなかで語った<2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。『息子は大学まで、娘は短大まで』でよいと考える親の性差別の結果です>への反論だ。

 これに対し東国原は、男子と女性で4年生大学への進学率が低いのは「女性自身の意志」であるとした。

東国原<女子中学生とか女子高生が進学するときに、本人の意志もあるんじゃないかなと思うんです。女性が手に職をつけると、たとえば、看護師であるとか、保育士であるとか、衛生士だとか、調理師だとか、美容師だとかね、そういった方向に進む方は4年生大学に進む必要はないんですよ。ですから、そういう方は4年生大学(の選択肢)を捨てると思うんですね。そういう調査をしての結果の結論なのかを僕は先生にお伺いしたい>

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。