エンタメ

中居正広と木村拓哉は犬猿の仲?「許せない」と恨む理由は

【この記事のキーワード】
【完成】中居正広と木村拓哉は不仲続行?「許せない」と恨むほどSMAP解散は単純かの画像1

中居正広と木村拓哉

 SMAPのツートップと言われていた中居正広と木村拓哉。しかし、その間柄は長年“不仲”と噂されており「週刊文春」2019年4月25日号(文藝春秋)は、中居はSMAP解散の原因をつくった木村を今でも許していないと報じている。

 同誌によると、中居は趣味の麻雀や親しいスタッフ、芸人仲間と飲んでいる際、仕事の話しをすることは滅多にないという。それでも「木村は許せない」「あのとき木村が裏切らなかったらな」と、SMAP解散騒動があったときに木村拓哉がジャニー時事務所に残留すると決めたことを恨むような発言はするというのだ。

 「週刊文春」では今年1月にも、中居の「木村は許せない発言」と過去の不仲エピソードを掲載しており、二人の確執は相当深いという見解のようだ。同誌2019年1月31日号では、中居正広のイジメが原因で木村拓哉が仕事をボイコットしたこともある、とまで伝えていた。

 同誌によれば中居正広と木村拓哉はSMAP結成当時からライバル関係であり、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)ではMCとしてトークを進行する中居が木村のトークを故意に遮るなどの“イジメ”もあったとしている。

 そんな状況に嫌気が差したのか、ある日、木村の妻である工藤静香がSMAPのマネージャーであった飯島氏に「拓哉が行きたくないって言ってるんだけど」と電話をかけたこともあったという。なお、飯島氏は「いいから黙って連れてきなさい」と静香を一喝したそうだ。

 ただ、この騒動があったとされるのは今から5、6年前のこと。10代ならまだしも40歳を過ぎたいい大人が「仕事に行きたくない」と家族に電話させるとは、にわかには信じがたい。木村のイメージが崩壊するような記事であることは間違いないだろう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。