エンタメ

『あなたの番です。』秋元康ドラマで蘇るHuluの悪夢!

【この記事のキーワード】
【画像完成】『あなたの番です。』秋元康ドラマで蘇るHuluの悪夢!の画像1

『あなたの番です』(日本テレビ系)公式サイトより

 4月14日にスタートした日本テレビ系日曜ドラマ『あなたの番です。』は、日テレの連続ドラマとしては25年ぶりの2クール(半年)放送が予定されているが、果たして大丈夫なのか。初回の平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)。幸先いいスタートとは言い難い数字だ。何より、せっかくうまく築きつつあった同枠のブランドイメージと、若い視聴者層を手放してしまいそうな気配がある。

 日テレ日曜枠といえば、前クールで菅田将暉主演の『3年A組―今から皆さんは、人質です―』が大反響のうちに幕を閉じた。最終回視聴率は15.4%(同)で、前クールの各局ドラマで最も高い評価を得たドラマといえる。さらに昨年秋クール放送の『今日から俺は!!』も小学生の人気を集め、最終回視聴率12.6%(同)。2作品とも、小中高生含む若者の支持を得ていたという特徴がある。

 一方で、『あなたの番です。』はまったくテイストの異なる作品だ。舞台となるのは、新婚夫婦・手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)が引っ越してきたマンション「キウンクエ蔵前」。マンションの住人たちの間で「交換殺人」が発生する、ミステリードラマだ。管理人の提案で、住民たちは紙にそれぞれの「死んでほしい人間」を書き、くじを引く。ありえない設定だが、半年間で住人たちが次々死んでいくのだろうか。キャッチコピーは、「毎週、死にます」だ。初回のラストでは、管理人がトラウマ級の転落死を遂げた。

 放送は日曜夜10時半から。多くの人にとって明日からまた1週間が始まる……という時間、毎週のように住民が謎の死を遂げるマンションにどれだけ興味を引きつけることができるのだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。