加藤浩次がAKS・NGT48運営批判しても決して触れない、秋元康の責任

【この記事のキーワード】

 NGT48暴行事件の真相は結局なにひとつ明らかにはされていないが、少なくとも、ファンとの私的交流をめぐって起きたメンバー間の諍いや、メンバーとファンがプライベートでつながったことによってセキュリティに穴ができ、暴行事件が起きたと考えられる。

 「恋愛禁止」の掟が端的に示す通り、アイドルの人権を無視することで成立する「アイドル」という歪んだ文化そのもののあり方もこの機会に見直されるべきで、そうしなければ同じ悲劇は繰り返されるだろうと加藤は指摘している。

<あと、根本的な問題。彼氏つくっちゃダメなんじゃないかとか、色んなそういったことがどんどんどんどん違った方に進んでる。もともとの根幹。アイドルというものの根幹はどういうものなのか。どういう人たちがやるべきなのか、そしてどういったルールを守らなければならないのかというのを、もう一回ファンも含め、みんなで見直した方がいいと思うんだよね。そうじゃないとまた起きるような気がするな。現状だと>

 かなり踏み込んだ加藤のコメントに対し、インターネット上では絶賛の声が相次いだ。

<加藤さんの発言は事件を追っていた人の総意だと思う。Twitterで見た怒号を代弁してくれた>
<スッキリでNGTの事件やってるけど、加藤浩次さんがド正論言ってる!!>
<スッキリの加藤さんズバズバ正論ぶっちゃけてて好印象>

AKS・NGT48運営批判の一方、秋元康の責任問題には触れず……

 確かに、加藤の指摘した問題点はその通りで、メディアは山口真帆の卒業で暴行事件にフタをしようとするAKSへの追及を徹底的に行うべきだ。

 ただ、ひとつ抜けている部分がある。それは、AKB48グループの総合プロデューサーである秋元康氏の存在だ。

 これだけの社会問題となっているのにも関わらず、秋元氏はこの問題についてまともなコメントひとつ出していない。AKSの運営責任者で取締役の松村匠氏が<大変、憂慮している>という言葉を代読しただけだ。

 完全な他人事だが、しかし、言うまでもなく秋元氏はこの問題について他人事で済ませていい立場の人間ではないだろう。

 繰り返すが、このNGT48暴行事件は「握手会」というイベントによって生まれたメンバーとファンの私的交流が発端となって起きている。

1 2 3

「加藤浩次がAKS・NGT48運営批判しても決して触れない、秋元康の責任」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。