連載

所ジョージの「公的年金への不満」はなぜ発生する? 「年金=悪」と決めつけないで

【この記事のキーワード】

デビュー当時、給料が10万円でも年金を納めてきたのに

 ここでは「納めてきたのに」という発言より、国民年金保険料のことを指していると仮定します。所さんが国民年金(老齢基礎年金)を受け取るのは65歳からなので、所さんがいま受け取っている年金は「特別支給の厚生年金」のことです。特別支給の厚生年金(2階部分)の額が少ないことと、少ない収入の中で国民年金保険料(1階部分の元)を納めてきたことは関係がありません。

 また、個人事業主の期間が長ければ、厚生年金を納めた期間が少ないので、2階部分である厚生年金の額は少なくなります。必然的に「特別支給の老齢厚生年金」も少なくなってしまいます。「苦労して払ってきたのに」という気持ちも分かるのですが、その苦労が報われるのは65歳からです。

介護保険料として5万1000円支払っているので4000円赤字

 65歳以降になると、年金から介護保険料等が天引きになる可能性があります。所さんは現在64歳ですから、介護保険料が天引きされているというわけではありません。

 所さんが「在職老齢年金」を受け取っているということは、おそらく加入している社会保険は「健康保険」と「厚生年金」でしょう。

 健康保険の場合、会社から受け取る給与等から介護保険料が差し引かれます。介護保険料には上限額があり、健康保険加入者の場合どんなに収入が高くても月に12,000円程度。「介護保険料として5万1000円」という発言は不自然です。

 もしかすると所さんは、または健康保険料+介護保険料の総額を指して「介護保険料として5万1000円」と言っているのかもしれません。月収が90万円の場合、健康保険料と介護保険料を合わせて約5万1000円。数字としては合いますね。

 所さんは、公的にもらうものより、公的に払うものの方が多いことを指して「4000円赤字」と言いたいのでしょう。まだ65歳からのフル年金をもらっておらず、部分的な年金である「特別支給の老齢厚生年金」と、全く別の意味合いの健康保険料と介護保険料を引き算して「赤字」と表現するのは、昨今悪名高い年金であってもいささか気の毒に思えてきます。

公的年金に憤慨する前に

 元々イメージの良くない年金に対し、知名度も好感度も高いタレントさんのこのような発言を聞くとどうでしょう。「国の年金って本当にひどい。」「年金なんて払わなくていい。」「若い世代はもっと酷いことになる。」などと思ってしまうのではないでしょうか。

 もちろん、私も公的年金は最高で完璧だとは全く思っていません。ただ、今回の所さんの発言を額面通り受け取るのも違うと思います。

 いずれにせよ払わなくていけない年金ですし、払った額よりももらった年金額のほうが多かったという方もたくさんいます。年金に助けられている高齢者もいるのです。老齢年金だけでなく、早い段階から障害年金や遺族年金に助けられている家族も多くいます。

 まず、年金とは、払った額ともらう額の比較だけでは語れないほど複雑な仕組みをしていることを知ってほしいと思います。そして、年金の話題やニュースを目にした時、「公的年金=悪」と短絡的に決め付けてシャットダウンしてしまうのは、個人にも国にも全てにおいてプラスに働かない考え方です。年金をいろいろな角度から見て、少しでも知識を得るきっかけにしていけたら良いのではと思います。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。