エンタメ

NGT48暴行事件で隠され続ける「秋元康の責任」AKBシステムに斬り込んだ宇多丸

【この記事のキーワード】
【完成】NGT48暴行事件で隠され続ける「秋元康の責任」AKBシステムに斬り込んだ宇多丸の画像1

山口真帆公式Twitterより

 NGT48暴行事件は「山口真帆の卒業」という最も後味の悪い展開になった。これを受けてワイドショーは、暴行の被害者である山口真帆を守るどころか、「厄介払い」でグループから追い出したAKSおよびNGT48運営への批判を行っている。

 たとえば、加藤浩次は4月22日放送『スッキリ』(日本テレビ系)のなかで、<俺、これじゃもうダメだと思う。時代が変わってきているし、こういったことがない組織にするための努力を組織がしていかないと、なにも始まらない><昔は隠す、隠ぺいするってことが色んなところであったと思う。でも、いまの時代、組織を守るためには、嘘をつかないで全部言うことが組織を守ることなんだと、いまはもう変わってきていませんか>と語り、山口真帆を追放することで事件の真相を有耶無耶にしようとするAKSの隠ぺい体質を徹底的に批判した。

 加藤のこの発言はインターネット上で大きな反響を巻き起こしたのだが、しかし、そのなかで決定的に抜けているものがある。AKB48グループの「総合プロデューサー」である秋元康氏がここにいたるまで公の場で暴行事件に言及したこともなければ、まともなコメントを発表したこともないことへの批判である。

ライムスター宇多丸が秋元康の責任問題に言及

 地上波テレビはどのワイドショーも同じようなもので、AKSの対応については批判しても、AKB48グループの象徴的な存在である秋元氏に関する言及はまったくない。

 そんななか、ヒップホップグループ・ライムスターのメンバーで、ラジオパーソナリティーとして人気の宇多丸が秋元氏の不自然な「沈黙」を明確に批判した。宇多丸は4月22日放送『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ)のなかでこのように語っている。

<接触が多いグループの先駆けなわけですよね。AKBグループ全体が。まあ、握手会とかがあって。ファンとの接触が多い。なおかつ、地域密着型であって、こういうことが起こりかねない。起こりやすいかもしれない。で、実際こういう怖いことが起こってしまったというときに、このシステムそのもの全体の責任者である、いまの組織構造がどうなっているかは知りませんけど、まあ、僕らから見て組織全体の、こういうシステムの考案者である秋元康御大はやっぱり公の場に出て大鉈を振るって何かやるなり、ちょっとこのシステムそのものがもっている危うさが露呈しているわけだから。いまどういう立場で、NGTとの距離感がどうとか知りませんけど、僕らから見ると『秋元さんなにか言わないのはおかしいですよ』って感じはすごいしますよね>
<いまからでも僕は、秋元さんコメント&アクションをまさに起こすべきことではないかなというふうに思ったりしますね。まだグループが存続するんであればなおさらというかね、感じがいたします>

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。