NGT48暴行事件で隠され続ける「秋元康の責任」AKBシステムに斬り込んだ宇多丸

【この記事のキーワード】

 さらに番組は、AKSが今後ガバナンス強化にどのように取り組んでいくか示していないことを挙げ、経営トップの吉成夏子氏、また総合プロデューサーの秋元氏が表に立って説明することを求めている。

「秋元康はAKSと関わりがない」は理屈が通らない

 インターネット上の言説では「秋元康とAKSは関わりがないからコメントを出す必要はない」との「逆張り」が横行している。

 堀江貴文氏がツイートした<そもそも組織のトップは秋元さんじゃねーだろ笑。ちゃんとみろ。世間一般がそう思ってるだけだろ笑><お前単に秋元さんが困ってる顔して出てきたりするのを面白がって溜飲下げて、つまらないお前の人生に少しでも潤い与えたいんだろ。可哀想なやつだな>といった発言はまさにその典型だろう。

 しかし、宇多丸が指摘した通り、秋元氏は自らが作詞した楽曲のCDをNGT48メンバーの「握手」によって大量に売っており、それが事件の遠因をつくりだした。また、NHK新潟が指摘するように、秋元氏は<組織運営の権限のないはずの秋元氏が、経営者の松村氏を叱責している>という不可思議な立場にいる。

 繰り返しになるが、これで「関わりがない」は通らない。

 秋元氏は早く公の場に出てこの問題について発言をするべきだし、このまま逃げ続ける秋元氏に対してメディアは追及の声をあげてほしい。ラジオや地方のテレビ局だけではなく、在京キー局のテレビ局も「忖度」をやめるべきである。

1 2 3

あなたにオススメ

「NGT48暴行事件で隠され続ける「秋元康の責任」AKBシステムに斬り込んだ宇多丸」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。