マネー

絶対にやってはいけない資産運用の“袋分け”~学資保険も個人年金も、金融機関が編み出したフィクションでしかない!

【この記事のキーワード】
【完成】絶対にやってはいけない資産運用の袋分け~学資保険も個人年金も、金融機関が編み出したフィクションでしかない!の画像1

「Getty Images」より

 家計管理には、“袋分け”というよく知られた方法があります。FP(ファイナンシャルプランナー)でこれを知らない人はいないでしょうし、FPからアドバイスを受けて実践している人も多いと思います。

 これは支出を「食費」「通信費」などの項目別に分けて管理するやり方です。封筒などにそれぞれの項目に該当する予算の金額を実際に入れておき、そこから支出するというシンプルな方法です。

 あらかじめ予算を決め、それを具体的に見える形で分けておけば、その範囲内の分については遠慮することなく使えるので、ストレスも溜まらないし、無駄遣いも防げるという考え方のようです。

お金はできるだけまとめて管理する

 私は“袋分け”にそれほど効果があるとは思えないのですが、古典的な手法として人気があるようです。確かに行動経済学でいう「メンタル・アカウンティング(心の会計)」を実際に見える化したようなものですから、不合理な心理の揺れによって無駄な支出をせずに済むことはあるかもしれません。

 しかし逆にいえば、予算化したことによってその範囲内であれば使っていいのだ、とばかりに不要なものまで買ってしまうことも起こりかねません。それにお金というものは、まとまって持っていると使うのに慎重になる反面、小さい単位であればあまり気にせずに使ってしまうという心理的な傾向もあります。

 たとえば1万円札だと崩すのが惜しいのでコンビニでちょっとした小物を買う時にも慎重になるけど、いったん崩してしまうと使うのに抵抗がなくなってなくなるのが早いと感じるのと同じことです。また、実際に袋分けをやってみるとまず長続きしないという意見もよく聞きますから、どこまで効果があるのかは疑問だというのが私の考えです。

 支出管理についていえば一定の効果はあるかもしれませんが、絶対にやってはいけないのは資産運用の「袋分け」です。もう少しわかりやすく言い換えれば目的別にお金を貯めたり、運用したりするということです。ところがこれも実はよくありがちなのです。「子どもの入学資金は学資保険」とか「老後の備えは個人年金保険」といった具合に目的別にお金を運用したり、金融商品を購入したりしましょうと勧誘してくる金融機関はあとを絶ちません。

 ところが、これらの多くは金融商品を販売せんがために金融機関が考え出したストーリー戦略であり、単なるフィクションと考えるべきです。目的別にお金を貯めるというのはとてもわかりやすい話なので、売る側から見ればとても訴えやすい営業戦略なのです。

 目的別にそれぞれの商品で運用してしまうと、金融機関のカモになりかねません。そもそも「○○向けの商品」などというものは金融商品に限っていえばあまり合理的ではなく、そういう商品に限って手数料が高く設定されているものが多いからです。

 でも、資産運用でお金を増やそうと思うとリスクを取らざるを得ません。その場合、人それぞれに自分でリスクを取れる分だけリスク商品を保有し、あとは無リスク商品(預金や現金)で持っていればいいのです。

 そして、お金が必要になってきた時は、たまたまリスク商品が値上がりしていれば、それを売却すれば良いし、逆に値下がりしているのであれば、預金や現金から引き出して使えばいいのです。お金の良いところは、持ってさえいれば使い道は後から自由に決められることにあります。したがって、お金はできるだけまとめて管理するのが一番合理的なやり方であって、資産運用にあたって資金を小分けするのは非合理的ですし、極めて非効率です。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。