エンタメ

NGT48事件の疑惑に「荻野由佳と中井りかは本当に無関係」と主張 犯行教唆以前の問題とは

【この記事のキーワード】

 また、実際に犯行を唆したかどうかという以前の問題もある。山口真帆はNGT48内の“風紀の乱れ”と、それに伴い自分のように「つながりを強要される」という被害がまた生じかねないことを危惧していると明言していた。その山口が夢を断ってNGTを去り、風紀を乱した側が残るという状況自体に、ブーイングが起こっていることも事実だからだ。

 山口を襲ったNGT48ファンの男性らが、一部のメンバーと私的な領域でのつながりがあったことは、第三者委員会の調査でも報告されている。第三者委員会の調査報告書には、犯人グループと思われる男性から話しかけられて何の抵抗もなく会話をしているNGTメンバーがいること、その男性と複数回個別に会っていたメンバーがいること、また山口を襲って逮捕された男性のうち一人は以前より当該マンション内でNGTメンバーと会うなどしていたことが記されていた。しかしNGTは「ファンとのつながりを認めたメンバー」を不問とし、チームを統合して再生していく予定だ。

 この図式が、まるで「正義が去り、悪が勝つ」かのように見えてしまう。AKS側での認識がどうであれ、現状では確かにそう見えているのだ。もはや犯行への関与云々だけの問題ではないわけだが、NGTはこのまま事件が風化するのを待つだけなのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。