社会

秋葉原通り魔殺人事件、死刑確定した加藤智大は今【高橋ユキ裁判傍聴】

【この記事のキーワード】
【画像完成】秋葉原通り魔殺人事件、死刑確定した加藤智大は今【高橋ユキ裁判傍聴】の画像1

「Getty Images」より

 天皇陛下の生前退位により、30年の歴史を終える「平成」。5月1日から新元号「令和」に改元される。バブルの崩壊とともに始まった平成を、各紙がさまざまな視点から回顧している。

 筆者は2005年(平成17年)から、主に刑事裁判を見つめ続け、傍聴ライターとして稼働してきた。本記事では、これまで傍聴してきた刑事裁判を1年に1件ずつ紹介しながら、平成の事件を振り返ってゆきたい。

【平成の事件04】京都・神奈川親族連続殺人事件

<2008年傍聴@京都地裁>

 松村恭造(25=逮捕時)は2007年1月、京都で親族を滅多刺しにし、鈍器で殴り殺害。現金とキャッシュカードを奪って逃走。金は風俗で全て使い果たす。

 その後、神奈川の別の親族に金の無心をするが断られる。翌日深夜、この家に侵入し親族を撲殺。現金1万円の入った財布、ライターを盗み、遺体を押入れに入れ、布団に掃除機を入れて逃走。その日に母親に電話をかけ1件目の犯行を告白し、逮捕となった。

 松村は常日頃から気に入らないことがあると容易に暴力行為を働き、その度父らに事後処理をさせていた。暴力事件を二度起こして高校を中退。家庭でも暴力を振るう。父に勘当されたのち養豚場で住み込み働くが家畜を殴り解雇に。仕事と住む場所を失い、親戚に金を無心するなかで事件を起こした。

 一審公判の最終陳述で松村は反省の弁を述べるどころか、自己の行為を正当化する発言に終始する。

「今回の出来事の原因は、自分の中のエリート意識です。自分は特別な存在だから何をやってもいい、という思いが根底にありました。しかし、そう思うことは、必ずしも間違っているとは言えません。というのも私は今まで対等に付き合うに足りない相手ばかりに囲まれてきたからです。同世代の人間と比べ、私はダントツに理解力がありました。つまり私は1を聞いて10を知る事ができるのです。1を聞いて1を知る事しかできない同世代の連中とは、まるで会話が成立しなかったのです」

 このように傍聴席で松村を見守る同級生をこき下ろした。そして批判は同級生のみならず、彼が住んだ関西におよぶ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。