エンタメ

NGT48山口真帆の「つながりメンバー辞めさせて」訴えを絶対に受け入れられない事情

【この記事のキーワード】
【完成】NGT48山口真帆の「つながりメンバー辞めさせて」訴えを絶対に受け入れられない事情の画像1

山口真帆公式Instagramより

 NGT48からの卒業を発表した山口真帆が25日朝、Twitterを更新した。<卒業発表を終えて今の気持ちを改めて書きました。読んでくださると嬉しいです>と切り出して、ファンへの感謝や今後の活動について綴っている。

<AKB48が、そしてアイドルが好きでした。アイドルを好きになってしまった自分を恨み、親の反対を押し切ってアイドルになった自分も恨みました。NGT48にならなかったら、こんな思いしなかったのではないかとも思いました。でも今はNGT48になって良かったと思っています>

<アイドルは辞めてしまうけど、1人の人として、皆さんにまた愛してもらえるような、強く優しい女性になりたいなと思います。後ろ指を指されようが、自分が信じた道に向かって、まっすぐに生きていきたいです>

 山口真帆の卒業が、決して円満なものではないことは誰の目にも明らかだった。

 卒業発表時、山口真帆は「私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分が辛かったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした」と、暴行事件を告発した経緯について改めて説明。

 株式会社AKSの吉成夏子社長からは「会社を攻撃する加害者」と言われたとも明かし、そのうえで「メンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」と述べて、無念の涙を滲ませていた。

 山口真帆と、NGT48運営やAKSの間に、なぜこれほどまで深い溝が出来ているのか。1月の暴行事件告発から、山口真帆は「グループを健全化させたい」「メンバーを守りたい」という姿勢を貫いている。最後までその信念を曲げることはなく、NGT48運営やAKSと闘い続けてきた。

 一方のAKSとしては、グループ健全化は建前上も必須ではあるものの、「メンバーを守りたい」は大袈裟だとの認識があるだろう。また、グループを守るにあたっては、世間への告発をすべきではないというのが組織側の見方であることも確か。だからこそ山口に対して「会社を攻撃する加害者」との言葉も飛び出すのだろう。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。