Sexy Zoneマリウス葉のジェンダー観「“女子力”なんて気にせず、ありのままの自分でいよう」がティーンの救いになる

【この記事のキーワード】

 この回答にSNS上では、絶賛の言葉が飛び交っていた。

<マリウスのジェンダー観については本当にいつも感心させられる……女子力なんて古い!と言いきる男性アイドルなかなか居ないよな>
<男子も女子も関係ないんだから〜っていうマリウスかっこいいな…さすがすぎる>
<女子力に苦められる女性や生きづらい世の中でどう生きていくかとかいつも平和や平等を考えてくれてるマリウスは本当にこれからの多様性社会で輝くアイドルだよ>

マリウス葉のジェンダー観

 マリウスがこのようにジェンダー論や、「多様性・自尊感情」の大切さを訴えたのは今回が初めてではない。

 2018年5月23日放送『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)でもこんな一幕があった。

 菊池風磨とマリウスが出演したこの回の番組では、リスナーから送られてきた、<好きな人のために女子力を上げようと思ったのですが、ふと、女子力とはなんなのか、女子である自分のことがわからなくなってしまいました。男性から見た女子力ってなんですか、教えてほしいです>という悩み相談のメールに回答していた。

 このメールを読んだマリウスは<女子力っていうワード自体がなんか……>と、「女子力」なる言葉自体への違和感を表明しつつ、<女子力って、結局、“美”を意識することじゃない?>と結論づけた。

 ただ、それは「女子」に限った話ではない。“美”を意識するのは男性も同じだからだ。

 マリウスは<最近ってやっぱりジェンダーレスだったりそういうのがあるからこそ、男性がメイクとか化粧水とか美容を意識するようにもなっている>とし、そのうえで<男性も男性でそれが普通になってきた>と語る。

 つまり、「女だから」「男だから」といった主題の立て方がそもそもナンセンスなのだ。

 その後、菊池が<ご飯つくるのが上手とかさ、洗濯をこまめにするとか、掃除ができるとか、それは女子力ではないんですか?>と、家事能力にまつわる「女子力」に関する質問をぶつけると、マリウスは<それは女子力だけど……>と口ごもる。

 世間的には家事が得意な人に「女子力が高い」という評価がつくことはマリウスも認識しているが、それでもやはり、「家事」と「女子」がイコールで結ばれていることへの疑問は拭えない。

 美容を意識するのが女性だけではないのと同じように、家事をするのも女性だけではないからだ。マリウスは自分の両親のことを例に出しながらこのように語っている。

<最近ではそれは女性だけの役割でもなく、家にいる男性だったり、そういう人もするし。僕のお父さんとかもね、逆にお母さんが仕事をしているから、お父さんの方がご飯つくる数が多いから。(でも)だからって、『お父さん、女子力高いね』っていうのも違う気がするけどね>

1 2 3

「Sexy Zoneマリウス葉のジェンダー観「“女子力”なんて気にせず、ありのままの自分でいよう」がティーンの救いになる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。