エンタメ

中居正広の新番組は“格落ち”か? ジャニーズ事務所の処遇を不安視する声

【この記事のキーワード】

中居と滝沢の「不仲説」と、気がかりな健康面

 ジャニーズの要職に就いた滝沢秀明が中居正広を睨んでいるという説は、かつての「不仲説」がいまだに影響を及ぼしているようにも見える。この「不仲説」とは、SMAPの解散独立報道が世間を沸かせていた2016年の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された、滝沢のインタビュー記事が決定づけたものだ。滝沢は「(事務所には)ただ恩返しをしているだけです。僕だけでなく、ジャニーズは全員そう。ただの少年が180度人生を変えてもらったわけですから、感謝するのは当り前。それをわからなかったらアホでしょう」と発言し、これがSMAPに対する批判と捉えられたのだ。

中居正広が「タッキー不仲疑惑」「結婚」「預金残高100億」すべてに言及

 27日放送の『ナカイの窓』(フジテレビ系)で中居正広は、滝沢秀明との不仲説をはじめ、“ネットの噂”をことごとく否定している。この不仲説とは、滝沢がSM…

ウェジー 2019.02.28

 滝沢の発言に、SMAPのリーダーの中居が激怒したとされ、以後まことしやかに囁かれてきた滝沢と中居の「不仲説」。しかしこれを双方は繰り返し否定している。

 滝沢は芸能界引退発表後の昨年9月に「週刊新潮」(新潮社)のインタビューに答えたが、そこで<実は、今回の発表で、一番最初に心配して連絡くださったのは、中居くんなんです。「飯食えてんのか?」ってすごく心配してくれて><「全然大丈夫です」と返しましたが、だから本当に……いい関係なんです(笑)>と中居とのエピソードを語り、不仲説を全面的に否定した。

 さらに昨年12月、『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に滝沢が出演し、ふたりの共演が実現した際には、番組オープニングで中居が「滝沢が金スマに出るよって知り合いに言ったら“滝沢くんと仲悪いんでしょ? ネットに出てるよ”って言われた」とし、「みなさんが思っている以上に仲が悪いです」と冗談めかして見せた。これに滝沢は「何で逆言うんですか!」と苦笑したが、中居は「仲が悪いって(冗談を)言えるくらいの後輩です」と説明し、息の合った掛け合いで噂を否定してみせた。

 「不仲説」が取るに足らない噂であることは、こうしたエピソードからも分かる。ましてや、滝沢が中居を貶めるためにレギュラー番組を終了に追いやる、というのも考えづらい。結果的に、ジャニーズ事務所の不利益となるだけだからだ。

 どちらかといえば心配なのは、中居の体調面ではないか。昨年9月の「女性セブン」は、中居が喉の不調から耳鼻咽喉科のクリニックに人知れず通院していることを伝えた。同誌によれば、<点滴を受けるために何度も病院へ行っています。体調不良や入院で収録が延期になったことも何度かありました>というから、その体調が気がかりだ。2015年には精密検査の結果、喉に腫瘍が見つかり手術を受けている。司会業を多くこなす中居は、喉を酷使することも多いだろう。

 仕事量を減らすのもひとつの選択肢であるが、中居は現状、まだ5本ものレギュラー番組を持っている。十分すぎるほど多忙な日々を過ごす中居については、「干される」ことを憂うよりも、まずは「働きすぎ」を心配すべきだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。