ライフ

クーポン券で“美容室難民”に…本当にコスパのよいサロンの選び方とは?

【この記事のキーワード】
クーポン券で美容室難民に…本当にコスパのよいサロンの選び方とは?の画像1

「Getty Images」より

 春は新入学や就職、転勤などガラリと環境の変化が訪れるとき。これをきっかけに、通っていたヘアサロンを変える人も多いようです。そこでチェックするのが、人気美容サイトのクーポンマガジン。

 クーポンサイトのいちばんの魅力は、何と言っても高い割引率。定価では躊躇してしまう高級サロンでも、クーポンの初回割引を利用すれば2~3割、サイトによっては5割もディスカウントされます。また、初回だけではなく2~3回割引クーポンを利用できるサロンもあります。

 こんなにお徳なクーポン券を活用しないと、とても損した気分……。ところがその結果、新たなクーポン券を使い新規客としてグルグルとヘアサロンを彷徨う人が急増しているようです。

割引クーポンは本当にお得なのか?

 割引クーポンが世間に定着してから、“美容室難民”が急増したといわれています。その人たちの悩みの多くは、「どこのサロンもしっくりこない」「髪ダメージが改善されず、ひどくなる一方」「自分では扱いにくい」など。デザインや髪質に対する満足感が低いため、別のクーポンをゲットして新たなサロンへ……その悪循環に陥る“美容室難民”が目に付きます。

 ヘアサロン業界に関わってきた私が断言するのは、「安さばかり求めるなら、デザインのクオリティに期待しないこと」。美容室にとってクーポンサイトは広告、宣伝です。広告費が介在するので、当然ながら紹介されるサロンもピンキリで混在します。サロン選びで割引率のお得感を優先するのは、ギャンブルなのです。

 特にアラフォー世代は、デザインだけでなくヘアケアや白髪・薄毛などの加齢に伴うさまざまな悩みを抱え始めます。幅広い世代の髪を扱う経験豊富な美容師でないと、なかなか満足感は得られないのかもしれません。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。