エンタメ

賀来賢人とムロツヨシは対照的なブレイク! 快進撃をみせる“遅咲き俳優”たち

【この記事のキーワード】
【完成】賀来賢人とムロツヨシは対照的なブレイク! 快進撃をみせる遅咲き俳優たちの画像1

賀来賢人とムロツヨシ

 現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)に主演中の田中圭。田中は2003年にデビューして以降、脇役としてコンスタントにドラマ・映画に出演していたものの、なかなかブレイクとまでは至っていなかった。しかし、昨年4月クールに深夜帯で放送された主演ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)が爆発的にヒット。田中は“遅咲き俳優”として注目を集めたのだった。

 俳優がブレイクする年齢としては10代後半から20代半ばあたりが多い。特に30代以降にブレイクした俳優を、俗に“遅咲き”というが、昨年は田中圭のほかにも遅咲きながらブレイクした俳優が多かった。中村倫也、賀来賢人、そしてムロツヨシの3名だ。

中村倫也は朝ドラ『半分、青い。』のナチュラルクズ役でブレイク

 中村倫也は2005年に映画『七人の弔』で俳優デビューし、芸歴は14年ほど。しかし田中圭と同じくなかなか知名度を上げることができずにいたが、2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』への出演が転機となった。

 中村が演じたのはヒロイン・鈴愛の幼馴染・律の友人である「まーくん」こと正人。正人は何股もかけている“チャラ男”だが、ふわふわとした存在感は何故か憎めず、恋人が増えてしまう理由も「犬を飼っていたとして、新しい犬がきたら前の犬を捨てる? 捨てないでしょ。だからどんどん犬が増えていく……」と、独特の価値観を持つキャラだった。

 そんな“ナチュラルクズ”役を見事に演じた中村は一気に注目の的に。今年は『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、大人の魅力漂う元ヤン教師を演じ、これまた多くの女性を虜にした。今年6月に公開される映画、実写版『アラジン』でアラジンの吹き替えも担当する。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。