サプリメントで急性肝障害被害 自然由来サプリでも安全・安心とは限らない理由

【この記事のキーワード】

グルコサミンは関節の痛みには効かない!?

 日本でも新聞や雑誌、ネット上にサプリメントの広告はあふれている。「グルコサミン」「コンドロイチン」……さまざまな成分を謳った商品群の宣伝文句が目に飛び込んでくる。それらを愛用している健康志向のユーザーも少なくない。だが、その効能効果はどれほどのものだろうか。

 『BMJ Journals』(2017年7月28日)では、「口から摂取するグルコサミンは、膝や股関節の痛みには効かない」という、グルコサミン信奉者にとって残念な報告がもたらされた。

 じつは、それ以前にも、『Osteoarthritis and Cartilage(変形性関節症と軟骨)』(2009年)の変形性関節症のガイドラインで「口から摂取するグルコサミンの効果はエビデンスに欠けるのでお勧めできない」と明記されているのだ。

 また、既発の別の研究でも、グルコサミンを24時間摂取しても「MRIなどの画像に膝関節の構造上の変化(軟骨の再生や増大)は認められなかった」「痛みを改善するグルコサミン効果は期待できないだろう」との評価を明らかにしている。

しかし、サプリ広告が大きな収入源となるメディアでは、この手の不都合な報告が積極的に紹介されることはほとんどない。

カルシウムサプリは骨折予防に効果ナシ?

 また、骨のもろさが原因で起きる「骨粗鬆症」に効くと謳うサプリメントの広告では、「予防には骨密度を高めるカルシウムやビタミンDの栄養素が不可欠」と紹介するのが一般的だ。

 ところが、『British Medical Journal』(2015年)では、「Calcium intake and risk of fracture: カルシウム摂取と骨折リスク」において「サプリメントによるカルシウム摂取は、骨折予防に効果的とはいいがたい」という、サプリ信奉層をがっかりさせる論文が掲載されている。

 一方、日光を浴びると体内で合成され、健康維持には欠かせない栄養素であるビタミンD。こちらもサプリメントによる過剰摂取を警告する症例報告が、『Canadian Medical Association Jounal』(2019年4月18日オンライン版)に掲載された。

1 2 3

「サプリメントで急性肝障害被害 自然由来サプリでも安全・安心とは限らない理由」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。